entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2010/03/02 (火) 16:30

ヘソンと学ぼう韓国語~SHIN HYE SUNG SHOWCASE Find voice in song JAPAN 2010(続編)~

PYH2010022702560001300_P2.jpg
【credit: 연합뉴스】

皆さん、こんばんは。なんだかこうしてご挨拶するのはとっても久しぶりの気がします。最近は、もっぱら更新頻度も落ちている上、独り言集でしたので・・・(笑)。

いやぁ・・・「ゴールデンウィーク」以上に価値ある「シン・ヘソンウィーク」が終わっちゃいましたね。って、もちろんこれからがホントのスタートな訳ですが、なんだか待ちに待った2月だったため、3月に突入してしまった今がちょっぴり寂しく感じます^^;

今回のショーケースは、私は最終日のみ参加。しかも2階席だったため、実はあの会場では正直目の前で起きていることが現実なのか何なのか、実感沸かないまま過ぎ去ってしまいました。近くにへそんさんのご両親もいらっしゃったため、久しぶりの生の主人公よりも、ご両親の反応の方が気になってしまい・・・(笑)。オモニムは終始笑っていらっしゃいましたが、厳しいことで有名なアボニムは微動だにしてないご様子でした^^;

そんなこんなで今回はいつものような無駄に長いレポは書けないー!と思っていたのですが、韓国サイトさんで上げてくださっている動画やらメント集やらを拝見させていただいていたら・・・。やっぱりこれも日本デビューの大切な1ページということで、今更ながら上げておきます^^;最終公演に参加されなかった方にも、少しでも様子が伝われば嬉しいです。(っていつも通り作ってるとこも満載な感じですが・・・^^;)

現実復帰にもう少し時間がかかっても良いという方だけお進み下さい(笑)。

「ヘソンと学ぼう韓国語~SHIN HYE SUNG SHOWCASE Find voice in song JAPAN 2010(続編)~」。

Today's Menu

1. コトバにできない
2. GONE TODAY
3. 虹の向こう
4. Love Letter (w/ Vink)
5. 그대라서 (w/ Vink)
6. 같은 생각 (w/ Vink)
7. GONE TODAY (w/ Vink)
8. 友達
9. Night Date


19時30分を少し回っていただろうか。小部屋でお馴染みだったTAIZOさんとのスモールトークを終え、会場からはすでに「シン・ヘソン」コール。私にとっては去年の8月以来の舞台。なんだか、まだ心の準備も整わないまま、全身黒で固めた今日の主人公が登場した。

PYH2010022702510001300_P2.jpg


♪コトバにできない
歌っているのか囁いているのか分からないほど優しい音色。あー、ついにこの声が帰ってきたんだなぁ・・・。なんだかとっても感慨深かった。日本語で歌っているはずなのに、やっぱりいつものあの方だ(笑)。こういう曲ってホントに合うなぁ・・・。

♪GONE TODAY
そんな余韻に浸っていると、急にガラリと雰囲気は変わり、高音のギター音が会場に鳴り響く。完全にシン・ヘソン自身の歌になっている。日本版「Awaken」とでも言うのだろうか。会場のテンションはこの時点ですでに最高潮。

「こんばんは」


間奏の間のこの一言で、日本デビューの幕開け。「One, Two・・・」の掛け声に、会場からは一斉に「One, Two, Three, Four」のお返し(笑)。あー、こういうやり取りが妙に好きだ・・・私(笑)。

歌い終え、待ちに待った最初の挨拶。

みなさん、こんばんは、シン・ヘソンです。

大阪、名古屋、そして東京。

最後の日です。

おととい、アルバムがリリースされました。

どうでしたか?


会場からはしきりに、「좋아요(チョアヨ~)」もしくは「잘했어, 잘했어.(チャレッソ、チャレッソ/よくやった、よくやった)」ってな声も(笑)。会場がついつい韓国語で答えてしまうところが、これまた面白い。

でも、ご本人はあくまでも日本語でガンバッテマス(この時点では・・・^^;)

一生懸命作りました。

今日もここで紹介できて嬉しいです。

たくさん来てくれて、ありがとうございます。


とここまで言った後、韓国語で同じこと繰り返す(笑)。やっぱり日本語で話すと、自分の心が伝わらない気がするのだろうか・・・^^;

정말로 많이 와주셨네요.
ホントにたくさん来てくださいましたね。

와~ 2층에도...
わ~2階にも・・・

다시 한번 감사드리고...
もう一度、ありがとうございます。

それでは、ここでボクのトモダチを紹介します。

TAIZOさん、どうぞ。


へそんさんのトモダチのTAIZOさんが登場(笑)。そして、プチ予行練習通り「改めて日本デビュー・・・」というTAIZOさんの掛け声に、会場からは「おめでとう~!」の歓声。私の席からは表情が確認できなかったが、ご本人。きっと相当嬉しかったはず^^

●日本デビューの経緯

네, 예전부터 꼭 내고 싶었던 앨범이구요.
以前から絶対に出したいと思っていたアルバムでした。

또 여러분들께도 꼭 내고 싶다고 말씀드렸었는데
また、皆さんたちにも必ず出したいとお伝えしていたのですが

드디어 앨범이 나왔습니다. 그래서 너무너무 정말 정말 기쁘구요.
ついにリリースすることができて、本当に本当に嬉しく思っています。

한편으로는 많이 긴장했었는데
一方では、かなり緊張していたのですが

다행히 여러분들께서 너무나 좋아해주시니까
幸いにも皆さん方がすごく良いと言ってくださるので

지금 너무너무 기쁘구요.
今、とってもとっても嬉しいです。

너무너무 기쁘고 앞으로 활동을 열심히 해서 사랑받도록 하겠습니다.
これからも一生懸命活動して、愛情を受けられるよう頑張ります。


ここで会場のファンからの『ご当地自慢&メッセージ』を紹介するコーナー。4人の方のお便りが選ばれ、その内のお一人が、「いつか通訳の方のようになって、ヘソンさんと韓国語で話したい」といった内容のメッセージを下さると、ご本人がぽろっと独り言。

한국어를 다 배워셨을 때 제가 일본어를 배워서 필요없지?
韓国語をマスターした時、ボクが日本語がペラペラなら必要なくね!?


会場からは「有り得ない」的ムードがプンプン漂い・・・(笑)。私も一緒に参加したお友達と「ないない」と一言^^

その後は、へそんさんが直接韓国から持ってきたというチョコレートを4人の中のお一方にプレゼント。選ばれて舞台へと上がった夢心地の方に、TAIZOさんが一言。「いい国つくろう?」すると「鎌倉幕府」という正解が(笑)。私だったら素でも答えられなかっただろう(笑)。

●アルバム「Find voice in song」について

마음으로 노래를 표현하다라는 뜻이구요.
「心で歌を表現する」という意味です。

그 말처럼 앨범에 제대한 진심을 담아서 녹음을 했습니다.
文字通り、最大限に、心を込めてレコーディングしました。

앨범이 나왔으니까 들어보신 분들이 많았을 것 같은데
アルバムが発売されたので、聴いた方も多いかと思いますが

느껴지셨는지 물어보고 싶은데요.
真心が感じられたか訊いてみたいのですが。


すると会場からは「ネ~」の声。それを受けてへそんさん。

어떤 마음?
どんな気持ち?

어떤 느낌이요?
どんな感じですか?


と会場前列の方に突撃インタビュー。「癒されました」とのお答えに、これまたとっても満足そう。

아하하하 궁금했어요. 어떻게 느끼셨는지를 궁금했어요.
アハハハ。気になってたんですよ。どんな風に感じたのかなって。


●アルバム「Find voice in song」の紹介

1.虹の向こう

Lyrics by 久保田洋司 / Composed by Anders Grahn, Alexander Holmgren, Andreas Johansson, Christina Undhjem / Arranged by Anders Grahn, Alexander Holmgren, Andreas Johansson

今は共に歩むことのできない仲間との絆/仲間への思いを歌詞にして歌い上げた壮大なロックバラード。サビに向けて大きく展開していく美しいメロディが印象的でそれと共にメッセージの強さも伝わってくるような荘厳な一曲。

「虹の向こう」는 여러분들도 아시겠지만
「虹の向こう」は皆さんもご存知の通り、

저의 앨범의 타이틀 곡인데요.
ボクのアルバムのタイトル曲です。

사실 제가 불렀던 발라드와
実はボクが歌ってきたバラードとは

좀 굉장히 많이 스타일 달랐던 그런 발라드였고
すごくスタイルの異なるバラードで、

저도 굉장히 좀 어렵고 힘든 노래였어요.
ボクもとても難しく、大変な歌でした。

그래서 그런 노래였지만 주위 스탭분들이나 많은 분들께서
そんな歌だったんですが、周りのスタッフや多くの方たちが

이 노래가 타이틀라면 사랑을 많이 받을거라고 얘기해주시고 그래서
この曲がタイトル曲であればたくさん愛されるだろうと言ってくれたので

저도 들으면 들을수록 부르면 부를수록
ボクも聴けば聴くほど、歌えば歌うほど

굉장히 좋은 노래라고 생각이 드는
本当に素敵な歌だと思い

그런 타이틀곡입니다. 이 노래, 많이 사랑해주세요.
タイトル曲にしました。この曲の応援、お願いします。


2.君の夢

Lyrics by 久保田洋司 / Composed by Junkoo, Andreas Johansson / Arranged by Andreas Johansson

メロディ、歌詞ともに少し大人の香り漂う、別れた恋人への思いを切々と歌ったラブ・バラード。どうにもならない思いを繊細かつダイナイックな歌唱方法で、そのメッセージにリアリティを持たせ大きく響き渡るスケールの大きな一曲。

「君の夢」라는 곡은 약간 이 곡도 제가 했던 발라드와 다른
「君の夢」という曲は若干、この曲もボクが歌ってきたバラードと違う

J-POP느낌을 가진 발라드곡인데요.
J-POP風のテイストのバラード曲です。

슬픈 가사 내용에 애절하게 부르려고 노력했던 그럴 곡입니다.
悲しい歌詞の内容にあわせて、切なく歌おうと努力したそんな曲です。


3.友達

Lyrics by 久保田洋司 / Composed by TJ Mixx, Fredrik Samsson, Andreas Levander / Arranged by Fredrik Samsson

友人以上、恋人未満の存在の人との間に起こった自分の気持ちの変化を心地よく軽妙なメロディとアレンジで仕上げた明るいポップス。

앨범에 있는 곡들중에 가장 신나고 빠르면서도
アルバムの曲の中で一番盛り上がってアップテンポで

즐거운 그런 스타일 곡이었구요.
楽しくなるようなそんな曲です。

첫곡은 「友達」였죠? 「友達」
最初の曲は「友達」だったんですが。

어릴 때 들었었던 Beatles 느낌에, 그런 느낌을 가지고 있는 곡이구요.
幼い頃聴いていたBeatles風の歌だと思います。

굉장히 멜로디도 그렇고 리듬도 좀 경쾌한 곡입니다.
メロディーもリズムも軽快な曲です。


4.Night Date

Lyrics by 久保田洋司 / Composed by Erik Lidbom, Olle Lidbom / Arranged by Erik Lidbom

誰にでも覚えがあるはずの愛を育み始めた頃のトキメキ、ワクワク感、溢れる思いをアップテンポに乗せて躍動感あるポップスに仕上げました。韓国でのシン・ヘソンのソロアルバムでは披露したことがないスタイルの曲に彼の挑戦を感じて欲しい。

그리고 「Night Date」라는 곡은 처음 들었을 때
そして「Night Date」という曲は初めて聴いたとき、

공연할 때 부르면
コンサートで歌えば、

진짜 즐겁고 신나겠다라는 생각을 했던 그런 곡이에요.
本当にすごく盛り上がるだろうなと感じた曲です。

또 쇼케이스 끝곡으로 들렸었는데
またショーケースの最後の曲としてお聴きいただいたんですが、

역시나 즐겁더라구요.
やっぱり楽しかったです。

이따가 부를 것 같은데 그 때 함께 즐겨주세요.
後で、歌う予定なので、また一緒に盛り上がってください。


5.GONE TODAY

Lyrics by 立花裕人 / Composed by Vink / Arranged by Vink

このアルバムの幅広さを象徴するような、一番"攻め"感のあるロックテイスト溢れる楽曲。シン・ヘソンのソロワークスやSHINHWAのアルバムにも参加しているVinkのプロデュース作品。Vinkならではのサウンドにも注目。またシン・ヘソンの幅の広さが証明される一曲。

「GONE TODAY」라는 곡은 들으시면 알겠지만
「GONE TODAY」という曲はお聴きになれば分かると思いますが、

아까도 얘기해서 그렇지만
さっきも話した通り

스트레스가 확 풀리는 그런 정말 신나는 노래구요.
ストレスが解消されるそんな盛り上がる曲です。

저도 녹음해놓고 앨범 나오기 전에
ボクもレコーディングを終えてアルバムが発売される前に、

CD를 구워서 한국에서 차 타면서
CDを焼いて韓国で運転しながら

신나고 싶을 때 듣고 그런 기분일 때 들었던 그런 곡이구요.
楽しいみながら聴いたそんな曲です。

개인적으로 아끼는 곡이고 여러가지 매력을 가진 곡이라
自分にとって大切な曲で色々な魅力を持った曲なので

앞으로 계속 많이 보여드릴수 있을 것 같아요.
これからもずっとたくさんお見せしていきたいです。


6.コトバにできない

Lyrics by 立花裕人 / Composed by木住野佳子 / Arranged by Vink

桜の花びらが舞い散る"日本の春"をイメージして書いてもらった曲。シン・ヘソンのソロアルバムを聞いたことがある人にも耳なじみがよい珠玉のバラードです。

「コトバにできない」라는 곡은 첫곡으로 불렀던 곡인데요.
「コトバにできない」という曲は一番最初の曲としてお届けした曲です。

앨범 타이톨 「Find voice in song」라는 주제에
アルバムのタイトル「Find voice in song」のテーマに

가장 잘 어울릴 만한 그런 곡이라 생각을 했구요.
ぴったりの曲だと思います。

정말 바로 옆에서 속삭이듯이 그렇게 녹음을 해서
本当に横で囁くようにレコーディングをしたんですが

들려드리려고 노력했던 곡이고
そう感じていただけたらと思います。

가사도 굉장히 마음에 드는 스타일 곡입니다.
歌詞もとっても気に入っています。

정말 분위기 있는 그런 곡이니까
非常に雰囲気のある曲なので

많이 많이 들어주시면 감사하겠습니다.
たくさん聴いていただけると嬉しいです。


7.僕らの永遠

Lyrics by 久保田洋司 / Composed by Erik Lidbom / Arranged by Erik Lidbom

この曲もまた、韓国でのシン・ヘソンのソロワークスでは馴染みのないタイプの楽曲です。軽快な16ビートのギターのカッティングにのせて、今、手の中にある愛が永遠であることを歌った。バラードで表現しがちなメッセージを軽快なサウンドにのせることで、バラード歌手シン・ヘソンの奥行きの深さがより伝わる一曲。

그리고「僕らの永遠」라는 곡은 굉장히 신나죠?
「僕らの永遠」という曲は、すごく盛り上がりますよね。

신나면서도 뭔가 좀 장대하고 화려한 느낌의 곡인데
盛り上がりながらも、壮大で華麗な感じの曲で

이 노래도 공연할 때 부르면 재미있을 것 같다고 들고
この曲もコンサートで歌えば、楽しいだろうなと思いました。

이 노래 사비가사가 좀 빠르게 돼 있어서 처음에 굉장히 안됐었어요.
この曲のサビの歌詞が早いので、最初は全く歌えませんでした。

집에서 계속 연습하고 진짜 TV보면서도 연습하고
家でもずっと練習を重ね、本当にテレビを見ながら練習し、

샤워할 때도 연습하고
シャワーを浴びながら練習し、

음식을 만들면서도 연습하고 그랬던 기억이 나는 그런 곡인데
料理を作りながら練習を重ねた、そんな曲です。

이 노래도 꼭 함께 즐겨서 부르고 싶네요.
この曲も必ず一緒に楽しんで歌えればと思います。


この一生懸命練習したというこの部分をTAIZOさんが歌わせようと試みる。すると会場もノリノリ。

지금 잘해요.
今は上手いですよ。

랩할 수 있도록 연습 많이 했습니다.
ラップできるくらい練習しましたから。


と一瞬試みたものの、お得意の逃げが入り、この実力は次回のコンサートで見せていただけることに(笑)。

8.もっと君と

Lyrics by 久保田洋司 / Composed by Erik Lidbom, Josefi n Gustafsson / Arranged by Erik Lidbom

アルバム収録曲の中で最も踊れる楽曲。最新型のダンサブルなアレンジが聴き処。

「もっと君と」라는 노래는요, 들으시면 알겠지만
「もっと君と」という歌は、お聴きになれば分かると思いますが、

굉장히 비트가 있고 파워풀한 그런 노래인데
すごくビートがありパワフルなそんな歌です。

이 노래 참, 굉장히 파워풀한 댄스를 하는 전진씨가 생각이 나구요.
この歌は、パワフルなダンスをしているチョンジンさんが思い出されます。

그리고 사실 처음에 이 노래를 들었을 때
実は最初、この曲を聴いたとき、

"이 노래 안 어울리지 않을까?"라고
「この歌は合わないのではないかな?」

생각을 했었는데 또 이런 스타일 노래 들어가면
と思ったのですが、このようなスタイルの曲が入れば、

또 오히려 앨범전체가 풍성될까 생각을 해서
むしろアルバム全体の幅が広がる気がして

녹음하게 됐는데 역시나 좀 잘 어울릴 것 같아요.
レコーディングをし、やっぱり今ではすごく合う気がします。

그래서 마음에 드는 그런 곡입니다.
なので気に入っている曲です。


9.春の中で

Lyrics by 宮川ユカ / Composed by 今井晶規 / Arranged by Vink

バラードの貴公子シン・ヘソンの真骨頂である泣きのメロディに和テイストを加味した新機軸のバラード。春の憂い、やわらかさのような優しい愛を表現。

그리고 다음 곡은「春の中で」라는 곡인데요.
次の曲は「春の中で」という曲です。

이 노래는 처음 들어보고
この曲は初めて聴いたとき

제가 개인적으로 좋아하는 그런 멜로디라인이라
ボクが個人的に好きなメロディーラインだったので

제가 고른 곡이구요.
ボクが選んだ曲です。

자도 잘 맞을 거라고 골랐는데 막상 녹음하니까
すごくピッタリだと思って選んだんだんですが、いざレコーディングしてみると

진짜 진짜 힘들게 녹음을 했어요.
ホントにホントに大変でした。

그래서 "어...왜 나 이렇게 노래 못하지?"
「なんでこんなに歌が下手なんだ?」

많이 생각을 하게 해주는 그런 나쁜 곡이구요.
とボク自身に思わせてくれた悪い曲です。

그리고 녹음을 힘들게 라도 마춰서
そしてレコーディングをやっとのことで終え、

들어보니까 아무래도 좀 마음에 들게
聴いてみるととても気に入った

나온 것 같아서 굉장히 기분 좋고
仕上がりになったので、すごく嬉しいですし

슬프면서도 굉장히 불위기가 있는 그런 곡입니다.
悲しいながらも、とても雰囲気のあるそんな曲です。

이 노래도 뭔가 정답을 맞췄데
この歌を歌いながら答えを見出しました。

굉장히 애절하고 슬픈 느낌이잖아요?
すごく切なくて悲しい感じですよね。

그래서 처음에는 슬프기만 부르려고 하니까 잘 안 되더라구요.
だから最初はとにかく悲しく歌おうとしたんですが、うまくいかないんです。

근데 오히려 좀 무덤덤하게 약간 무덤덤하게 부르니까 오리려 더
結局、むしろちょっと淡々と歌ったほうが

느낌을 살린 것 같다는 그런 정답을 줬던 그런 곡입니다.
感じを生かせた気がして、やっと答えを見出したそんな曲です。


10.銀河

Lyrics by 久保田洋司 / Composed by TJ Mixx, Play Production / Arranged by TJ Mixx

満天の星空を思わせる壮大なスケール感のあるメロディとアレンジが聴きどころの究極の愛の歌。大切な人が以前から発信していたサインに気がつけずに傷つけてしまったことをとても後悔して、普段は、言葉にして伝えることが得意ではない彼が精一杯の気持ちを言葉にして伝えるというシチュエーションで作った愛のメッセージソング

「銀河」라는 곡은 제목이 참 예쁘다라는 느꼈던 그런 곡입니다.
「銀河」という曲はタイトルがとても素敵だと感じた曲です。

참 예쁘죠「銀河」?
ホントにキレイですよね、「銀河」?

발라드곡이지만 이 노래 스케일이 굉장하고 커다란 느낌을 주는 곡이라
バラード曲ですが、この曲はスケールが壮大な感じの曲で

이렇게 다 함께 따라 부르면서 즐길 수 있는 그런 곡입니다.
皆で共に口ずさみながら楽しめるそんな曲です。


すると、会場がこのサビの部分を熱唱。まだアルバムが発売されて2日しか経っていないというのに、歌詞をしっかり覚え歌える会場に、ご本人思わず・・・

「ウレシー」


の一言。
このあまりの日本語の可愛さに、会場はもうギャーギャー(笑)。
私、彼には日本語の敬語は要らない気がする・・・。
あっでも、韓国語でもパンマル使うとイチイチ注意が入る人ですから、それはご本人が納得しないか・・・(笑)。

11.遠い世界

Lyrics by 久保田洋司 / Composed by Paul Drew, Greig Watts, Pete Barringer, Douglas Shawe / Arranged by Paul Drew, Greig Watts, Pete Barringer

時には仰々しく感じる恐れのある思いを軽いビートに乗せてさりげなく染み渡るように表現したミディアムテンポのバラードです。聞いているとシチュエーションが目に浮かんでくるようなグラフィカルな世界観の詞にも注目。

마지막 곡입니다.
一番最後の曲です。

「遠い世界」라는 곡인데요.
「遠い世界」という曲なんですが。

노래는 좀 약간 부드러운 느낌에 미디엄 템포의 곡이구요.
歌は若干、ソフトな感じのミディアムテンポの曲です。

기타 리후도 굉장히 저한테 멋있게 매력를 느껴져서
ギターのリフもすごくカッコよくて魅力を感じ、

딱 마음에 들었던 곡입니다.
一度で気に入った曲です。

그래서 이 앨범의 마지막을 멋있게 잘 장식해주는
なので、このアルバムの最後をカッコよく飾ってくれる

그런 곡이 아닐까 생각이 되네요.
そんな曲ではないかと思います。


なんて曲紹介が全部終わると、会場から咳をした方がいらっしゃるご様子。イチイチ「あちらの方で咳をした人がいると思うけど風邪に気をつけて」的なツッコミが舞台の主人公から入り・・・(笑)。

CDに付属の写真集を会場に見せては「잘 보이시나요?(よく見えますか?)」なんて聞いてみたりして、あっさり会場からは「見えない~」の一言(笑)。

ミエナイ?

スイマセン。

안 보이시면 가시는 길에 앨범을 사시든가
見えないなら家路に着く際、アルバムを買うとか・・・


と謝りつつも、いつもの口調は今日もご健在^^

TAIZOさんが次に歌う曲をへそんさんご自身に紹介してもらおうとすると。

힘들게 노래했던...
レコーディングが大変だった・・・


こう自身の曲紹介に入ろうとしているものの、まったく通訳が入らない。

힘들게 했던...
大変だった・・・


ともう一回繰り返すものの、まだ通訳さんに無視されてる(笑)。

힘들다구요.
大変だったんだってば~


と半ば、キレ気味(笑)。

サガヤマサン、ダイジョウブデスカ?ガンバッテクダサイ。


と通訳さんにもねぎらいの一言を忘れない(笑)。

こんな一生懸命アピールしたものの、最後は「とてもこの曲は大変な曲です。」とあっさり通訳され、本人爆笑^^

♪虹の向こう
その大変だった歌をついに披露(笑)。ピアノのやさしい音色が会場を包み込む。初日は「み~らいへ~」の部分を歌わなかったと噂に聞いていたが、この日はとにかく声の出が良くて、実はCD以上だったのではないか・・・とすら感じる。会場はお約束のシン・ヘソンマジックに今日もどっぷりとかかる。

★Vink氏登場

한국에서 친구가 많지만...
韓国では友達が多いのですが・・・


こう切り出す主人公に、会場からは「え~!?」の声。

친구가 없을 것 같아요?
友達がいないように見えますか?


すると一斉に「見える~」の会場の声に一言。

친구 있어요.
チング イッソヨ (トモダチイマス。)

じゃ、それではおよびしましょう。

Vinkさんです。


するとここで「どうも、こんばんは。Vinkです。」と挨拶をしながら、Vink氏登場。

なんだか今までと雰囲気が妙に違い、しかもここまでちゃんと話しているのを聞いたことがなかったため、一気にテンションが上がる私。へそんさん同様、話し方がとってもソフトであーいう雰囲気、大好きだ(笑)。

「今回の4公演はどうだったか。」との質問に、「今回は歌手としてよりも親しい友人、仕事仲間として彼を見ている。自分もドキドキしている状態」とのお答え。途中、会場に愛想よく手を振ってくれたりして、へそんさんから「형, 팬관리 하시는 거에요?(ひょん、ファン管理しているんですか。)」などとイチイチ声をかけられる(笑)。

へそんさん自身も、Vink氏を「先生のようなお兄さんのような存在」ととても慕っているのが分かった。

また、「プロデューサー目線で見たときの、他のアーティストの違い」という質問に関しては、「他の歌手は見せるものはすべて見せている時期。ヘソンはこれからが始まる。10年後にはさらに違った幅のある音楽を聴かせてくれるのでは。」そんな答えがとっても印象的だった。

彼への提供楽曲に対しては「歌いやすい音域を心がけている。高くなりすぎないことが大事。ヘソンはスペクトラムが広いので、すべて自分のために書いてくれたと思ってる。」などと答え、笑いを誘う。いやぁ・・・このVink氏。なかなか味のあるお方で素敵です(笑)。

ここからはTAIZOさんからの個人的な質問タイムという設定(笑)。
「女性のドキッとする仕草は?」という質問に、「足を組む姿」と答えるVink氏。すると、何を思ったのかのけぞりながら「シャロン・ストーン」などと一人大盛り上がりの主人公(笑)。「氷の微笑」がそれほどお気に入りの映画なのか・・・^^;プラス、「형, 아직 멀었어...(ひょん、この手の質問にはまだ早いよ。)」などと歯止めが利かないバラード王子(笑)。

ちなみに同じ質問に肝心のご本人。「女性が遠くから手を振りながら”ヘソ~ン”と呼んでくれる姿」などと無難にまとめたな・・・的なお答え(笑)。でも、会場の心優しいファンたち・・・。一斉に「ヘソ~ン」と手を振ってあげることも忘れない(笑)。

次のTAIZOさんからのご質問は「日韓の女性の違いについて」。「両方好き」と答えるVink氏に対し、「日本の方が好きだといったほうがいいのでは?」などと相変わらずのリップサービス王(笑)。でもそんな王からの助言は無視し、「日本はセクシーだ」と答えるVink氏に、へそんさん、日本語で一言、「はずかしー」(笑)。こういう一言は絶妙に日本語解禁だったり(笑)。

で結局のところ、「日本人は桜のよう、韓国人は桜の下を歩いているようなイメージ。」と若干詩人っぽいお答えを導き出したVink氏に、「뭔지 모르겠어.(訳分かんねー)」と思わず本音が出るへそん王子(笑)。

ご本人は、「韓国人はヘソンシ、ヘソンオッパと呼ぶが、日本ではヘソ~ン、ヘソ~ンさんと優しい感じ」なんてこれまた優等生的お答え(笑)。

♪Love Letter
ここからはVink氏と2人のスペシャルステージ。先ほどのお答えを受けて会場からは「ヘソ~ン」の声の嵐。

はい、みなさん。ヘソンです。

シン・ヘソンです。


こういう場面って、前もあったよね・・・(笑)。

오늘 마지막이잖아요?
今日は最後じゃないですか。

마지막이니까 즐겁게 노래를 부르려드리도록 할게요.
最後なので楽しんで歌いたいと思います。

오늘은 어떤 곡을 부를까요?
今日は何の曲を歌いましょうか。

많이 나왔네.
たくさん出たけれど・・・。

아무래도 Vink씨가 오셨으니까
やっぱりVinkさんにお越しいただいたので、

형이 만든 노래 중에 Love Letter를
ひょんが作った曲の中でLove Letterを

불러드려요.
お届けします。


さっきまでの若干さむい冗談タイムは一変して、会場には優しい声が響き渡る。このLove Letterの一声を聴いたとき、「やっぱり韓国語の響きが好きだ。」ついつい思ってしまった。やっぱりこう思ってしまう気持ちは、隠しようがない。それと、これほどまでに懐かしい気持ちを感じるのはなぜだろ。

そんなことを感じながら、会場に合わせて私もちょっぴり口ずさんでいた。

♪그대라서(クデラソ)
Vink氏と共に歌う彼は最高に心地良さそうだった。やっぱり韓国語の安堵感からか、それとも自分が単に聞き慣れているからか・・・。日本のこの舞台で歌う今までの曲は、これまた格別に感じた。会場もうっとりと、200%この歌声に酔いしれている。そんな空気を肌でひしひしと感じた。

아 오늘 마지막 날인데 왜 이렇게 떨리지?
あ~今日は最終日なのに、なんでこんなに緊張するんだろ?

大阪도 하고 名古屋도 하고 어제도 공연을 했지만
大阪も終えて、名古屋も終えて、昨日も公演をしたのに

역시나 떨리는데 분위기 참 좋네요. 그쵸?
やっぱり緊張しますね。でも、雰囲気はすごくいいですよね。

한곡 더 마지막으로 들려드릴게요.
もう一曲、最後にお届けしたいと思います。

형, 갑자기 스탑하니까 분위기가...
ひょん、急に伴奏を止めるから雰囲気が・・・(笑)。

신화로서도 신혜성이었지만
神話としてもシン・ヘソンでしたが、

지금 솔로로서 신혜성을 만들어준
今のソロとしてのシン・ヘソンを作ってくれた

노래가 있었죠?
歌がありますよね。

같은 생각
「カットゥンセンガク」。


PYH2010022702800001300_P2.jpg


♪같은 생각(カットゥンセンガク)
正直、この日の舞台でこの曲が聴けると思っていなかったため、本当に飛び跳ねたいくらい嬉しいサプライズだった。このイントロが始まると、決まって魔法が解ける時間が近づいてきていること感じなければいけなかったのに、今日だけは違った。懐かしさ半分、でも新たな出発もが待っていることをも予感させてくれた。

「シン・ヘソン」の掛け声の音頭を自ら取る舞台の上の主人公(笑)。「같이~(一緒に)」とマイクを傾ける。いつもの自分の居場所を確認したかのように、とっても心地良さそう。ホントに歌うことを心の底から幸せに感じている様子だった。

「カットゥンセンガク」が終わり、TAIZOさん、通訳さん共に舞台に出てこようとすると、主人公が日本語で一言。

「まだです。」


そういい残して、こう続ける。

사실 여기서 끝나야 되는데 오늘 마지막이잖아요?
ホントはここで終わらなきゃいけないんですが、今日は最後じゃないですか。

아까 리허설하다가 갑자기 생각이 나서 한건데
さっき、リハーサルしていて急に思いついたことがあって。

재미있게 만들어봤는데 사실 슬픈 노래...悲しい曲・・・
楽しく作ってみたんですが、実は悲しい曲なんです。カナシイキョク・・・


♪GONE TODAY
こう紹介されて、ピアノの優しい伴奏が始まった。一瞬、何の曲だか分からないまま、どんどん時間が過ぎていく。そして、サビの部分でやっと分かるオバカさんな私(笑)。まんまと彼らの作戦にはまった組だ(笑)。

歌い終えると、得意げな顔して最初のフレーズで分かったかと会場に訊くご本人。

언제 알았어요?
いつ分かりましたか?


「IT'S GONE TODAY~♪」の部分だと会場が答えると、これまた狙い通りで嬉しそう。茶目っ気たっぷりのイタズラ顔が印象的だった。

舞台も終盤。今回のショーケースの感想を聞かれるVink氏。「ヘソンのアルバムのリリースをきっかけに日本でも光り輝くようなそんなスターになって欲しい。そんな彼に光を照らし当てて欲しい。」こう残して彼は舞台を去った。

오늘 이제 마지막 쇼케이스 날인데
今日でこのショーケースも最終日ですが

정말 다시 한번 많은 분들이 와주셔서
本当にもう一度、多くの方にお越しいただき

너무 진심으로 감사한다는 말을 전하고 싶구요.
心から感謝の気持ちを申し上げます。

사실 쇼케이스를 하는 동안 좀 목 컨디션이 안 좋은 상태가 이어서
実は、ショーケースを行っている間、喉の調子があまり良くなく

사실 굉장히 좀 아쉬었던 기분이 컸구요.
悔やまれる部分もかなりありました。

오사카 때는 끝나고 눈물만 나더라구요.
大阪の時は、終了後、涙しか出てきませんでした。

좀 아쉽기만 하지만 그래도 여러분들과 저의 소중한 그런 시간이었고
少し悔やまれはしますが、でも皆さんとボクの大切な時間であり

저도 최선을 다한 시간이었고
ボクも最善を尽くしたそんな時間だったので

그래서 뭐 후회같은 거는 남지 않은 거 같아요.
後悔はありません。

너무 즐거웠던 시간이었다고 말씀드리고 싶구요.
とても楽しい時間だったと思います。

오늘 이제부터 진짜 시작인 거 같아요.
そして、今日からが、本当のスタートです。

이런 정말 좋은 음악을 들려드릴 수 있도록
本当に素晴らしい歌をお届けできるよう

정말 최선을 다해서 목이 터져라 부르는
とにかく最善を尽くし、喉が張り裂けても歌う

그런 신혜성이 되겠습니다.
そんなシン・ヘソンでいたいと思います。

진심으로 진심으로 감사하겠습니다.
本当に本当にありがとうございました。


主人公が最後こう〆ると、ここでTAIZOさんからサプライズが。

大阪, 名古屋, 東京 공연 수고하셨습니다.
大阪、名古屋、東京の公演、お疲れ様でした。

혜성 일본 데뷰를 함께 할 수 있어서 기쁘고 행복합니다.
ヘソンの日本デビューにご一緒できて嬉しく幸せに思います。

앞으로도 팬와 함께 응원하겠습니다.
これからもファンと一緒に応援したいと思います。

사랑해요.
愛しています。


なんとハングルでの手紙だった。きっと生まれて初めての韓国語だったに違いない(笑)。へそんさんの「つ」「ず」なんて比べ物にならないくらいの発音だったのかもしれないが(笑)、ホントに嬉しそうだった。こうして自分の言葉で想いを伝えてもらう。きっと格別な瞬間だったと思う。

ここでTAIZOさんと通訳さんは退席。舞台に一人残された今日の主人公。

정말 정말 감사한다는 말과 열심히 하겠다는 말밖에
とにかく「ありがとう」という言葉と「一生懸命やる」という言葉でしか

표현할 게 없는 것 같아요.
表現できないと思います。

그리고 저의 새로운 시작, 함께 축하해주시고 응원해주세요.
そしてボクの新しいスタート、共に祝福して、応援してください。

아셨죠?
いいですよね。

그러면 아쉽지만 마지막 곡 들려드리면서
それでは、残念ですが最後の曲、お届けしたいと思います。

오늘은 한 곡 더 준비했습니다.
今日はもう一曲準備しました。

자 시작해볼까요?
じゃ、いってみましょうか。

지금까지 신혜성이었습니다.
これまで、シン・ヘソンでした。

여러분 감사합니다.
皆さん、ありがとうございました。


♪友達
万年センターをキープだった主人公は、左右に歩きながらとっても楽しそう(笑)。生で聴く彼の歌は本当に最高と心底感じた瞬間だった。あー、2番まで聴きたかったよ・・・。

♪Night Date
「One, Two, Three, Four」と会場と口を合わせ、これでもか!ってくらいの盛り上がり。なぜか「I Pray 4 U」を彷彿させる。ふと6人だったら、舞台の端から端まで走り回るんだろうな・・・そんな想いが一瞬よぎる。なぜかいつも最後の曲では涙してしまう私自身、今日というこの日だけは、そんな湿った想いはまるでない。やっぱりこれからが本当の始まりだと知っているからか・・・。

みなさん、ホントにありがとうございました。

ありがとうございました。

アンニョン


笑顔で主人公は舞台を後にした。日本でのショーケース。コンサート並みの日程で、肉体的にも精神的にも私たちが想像する以上に大変だったと思う。大阪公演を終えた後・・・。

눈물만 나더라구요.
涙しか出てきませんでした。


こう舞台の上で明かす姿に、拍手を送りたい気持ちになった。プロだから・・・と言ってしまえばそれまでだが、少なくともいつもファンの前で「カッコイイ姿」よりも「正直な姿」で向き合ってくれるこの姿勢に、ついつい惹かれてしまう。

日本語楽曲を始めてお披露目した今回のショーケース。正直、私の中では彼の歌う歌が、何語なんだか分からなくなっていた。「J-POP風」という言葉を本人が使うほど、私の中ではボーダーラインがなくなっている気がする。どの歌も聴けば聴くほど「シン・ヘソン風」(笑)。

万年センターキープでも、日本語封印疑惑があっても、やっぱりこの歌声に勝るものはない・・・(笑)。そう感じずにはいられない。

これからの日本の活動はもちろん、どこの国であっても、「シン・ヘソン風」楽曲に耳を傾けることさえできれば、幸せに包まれる日々が続くと信じている。
entry_header

コメントありがとうございます!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まいさん、ありがとうございます(ToT)
とってもと~っても行きたかったのですが・・・
受験目前の子のいるオンマなので今回はあきらめました。
まいさんのレポ見ながら
すっかり浸れました~(*^^*)
ありがとうございます!コンサートには絶対行きます!^^;



ヘソンウィーク終了しましたね

まいさん、こんばんは!

夢のようなヘソンウィーク終了してしまいましたね。
でも、ヘソンさんが言われていたように
これからがスタートなんですよね。

正直、試聴段階ではピンと来ない曲も
多く、どうなんだろう?これで大丈夫なんだろうか?と思っていました。

しかし、北海道でのラジオを聴く事が出来た時、何曲かフルで聴けたんです。

その時なんだか、すごくワクワクしたんです。いいんじゃないの?と。^^

2月24日は東京のホテルで初めてフルで全曲聴きました。
聴いているうちに涙が止まらなくなりました。

J-POPだから違うヘソンさんの歌になっちゃっているんでは?なんて心配は吹き飛び
ダイレクトに詩の切なさや甘い気持ちが
胸いっぱいに広がりました。

同時に「あ~本当にがんばったんだな~」
と言う気持ちも。

ヘソンさんは何語で歌おうとこうして私たちに歌で感動をくれるんですね。
本当に素晴らしい歌手だと思います。

こんなに素敵な歌がいっぱい詰まったアルバム。
是非、ヘソンさんの努力が成果につながるように祈ります。

こんばんは!

まいさん、いつもありがとうございます。
私も東京2回参加してきました。
2日目始まる前に二階を見て「あら?ちょっとご年配のご夫婦がいるわ。きっと奥さんがヘソンファンでご主人を誘って来たのかな?」って見てたのがヘソン君のご両親だったのですね!
(そしてその近くに まいさんがいらっしゃったんですね?)

アルバムは23日に買ってウォークマンに入れ、東京に向かう電車の中で繰り返し聴いて行ったのですが、どうも「日本語で歌うヘソン」がしっくり来なくて^^;・・・やはり母国語で歌うヘソン君の方が好きかも・・・なんて思っちゃっていたのですが、ショーケースが終わってから聴くと全然違って聞こえてしまうんですよね~(*^_^*)←つくづく分かりやすい性格な私(笑)
生で聴くヘソン君の声は【魔法の声】なんだなぁって思います・・・・笑

この次にヘソン君に会えるのはいつになるのでしょうね?
もうすでに待ち遠しいです 笑
(25日に「コンサートをしたい?」「コンサートをやる?」らしき事をヘソン君が言っていたような・・・・気がするのですが ^^; )

Vinkさん、声も雰囲気も素敵ですよね~
私も好きなタイプです! 笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

レポ、ありがとうございます!

私は、大阪と名古屋の参加で、東京は行けなかったので、まいさんのレポで、三都市制覇をした気分~☆超幸せです。ありがとうございます♪
初めて、日本語のアルバムを聞いたとき、日本語で歌ってくれたことが有難くて、その一生懸命もひしひしと伝わって、ほぼ全曲泣きながら聞いてしまいました。
今やっと、ベストアルバムを聞いていますが、聞きなれた曲ばかりなのに、”僕はこんな歌を歌う人なんです”と紹介されているようで、なぜかとても新鮮です。
待望の日本語アルバムとベストアルバム、どちらも、完璧な“シンヘソン風”
最高ですね~☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まいちゃん、皆さん、あんにょんはせよ^^

長いレポコマウォ^^
今回はあれだけ?とちょっと不満でした。
ノンダミエヨ(笑)

へそんのイベントだけど、Vinkさんとのやり取りがどんどん面白くなってVinkさんに注目で読ませてもらいました(笑)
大阪ではVinkさん、かなり緊張されてたし、それに変な(どう言ったらいいのか透明で水中めがねっぽい?^^;)アンギョンかけててちょっと笑わせてもらいました^^;
その横でへそんは敬語指導?をしてました(笑)
「ありがとう」だけ言ったVinkさんに「ございます」「ございます」とえらそうに言ってたり^^;
Vinkさんもだんだんと慣れて、確か大阪では声を聞くことが出来なかったけど、名古屋では歌ってる~と思わずびっくり!(笑)
ファイナルは楽しい会話炸裂だったんだね~
楽しませてもらいました^^

名古屋では、へそんが会場が「え~~~~っ!」と言うたびに「또!」「또!」と何度も。濃音うまっ!と思ってみたり^^;「え~~」じゃなくて今度から「ふ~~」にしてと言って楽しそうにしてましたが、ファースト大阪コンの時に「日本女性の”え~~~っ!”が好き」と言ったのはあなたですから~(笑)
きっと忘れてるのね。

書き出したら止まらくなりそうなのでこの辺で^^;
ファイナルに参加出来なかったけど、こうやって行った気持ちになれるってほんとにありがたいです。
いつもほんとにありがとねv-238
へそんじゃなくてまいちゃんにハートを送ります^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お久しぶりデス^^

いつもこんな時にばかり登場してスイマセン(^_^;)
またまた私の携帯から最後まで見れず(>_<)宜しければ、続きを教えていただければとても嬉しいですm(_ _)m
(少し悔やまれはしますが、でも皆さんとボクの大切な時間であり…ここまでは見れたんですけど(>_<))

今回は嵯峨山さん?もいらしたし、まいさんのレポは無いのかな~なんて思ってましたが、ありがとうございました^^
コトバにできない…この曲、ほんとに好きです^^

まだ夢の中・・

お久しぶりです。
まいさんの東京レポ、待ってました~。
いつも読み終わったあと、自分もその場にいたような・・そんな気にさせてもらえるステキなレポ^^ありがとうございます。
私は、名古屋の参加だったのですが、喉の調子が悪くて・・と本人は気にしてましたが、これで?っと思いたくなる素晴らしい、そして優しい歌声でした~。ほんとにこの声に会うために私は頑張ってるんだなぁって思います。
実は、今回は過去最高の近距離で見ることができたので、視覚のインパクトが強すぎて^^歌声が二の次になってしまった・・ってのもあるんですが、でもスピーカー前だったので囁く声までよ~く聞こえましたね~^^v
vinkさんとのコラボはほんとに素敵でした。
まいさんの言うようにやはり韓国語での響きに安堵感と癒しをもらった気がします。
 はぁ・・まだ夢の中にいるような気がしますけど、現実に戻りつつ、でもアルバムを聴いては、その世界に引き込まれています。
意味が分かる日本語もいいですね~。
「かっこいい姿」よりも「正直な姿」まさにその飾らない姿が彼を愛してやまない最大の理由かも・・それに今回とてもいい場所だったおかげで彼がよく客席を見てるってわかりましたよ~。目が合ったってミーハーな言い方はしたくないけど、端からじっと顔を見てくんですよ~ 何回も目が合うんです(笑)

次はいつ会えるのか・・会ったばかりなのにもう恋しいです。
次に会える日まで「Find voice・・」に癒されて過ごしたいと思います。

ちなみに名古屋でステージに呼ばれた彼女・娘と同級生で家がご近所なんです。熱心な親子ペンなんですよ~^^高校に合格した とのメッセージにヘソンは迷いもなく選びましたね。背の小さい彼女 ハグされた時すっぽりと胸の中におさまってかわいかったです。
興奮と緊張で顔が見れなかった・・と後で聞きました^^:
このブログにもお邪魔している・・って聞いたので、この場をお借りして・・
最高の合格プレゼントになったね。
‘ゆうこちゃん よかったね~ おめでとう'

夢を見させていただきました。

まいさん、こんばんは。
レポ、じ~~っくり3回ほど読ませていただきました。
ほんとに隅々までご報告ありがとうございます。
私もショーケースに行けたかのような気持ちでいっぱいです。
やはり、飾らない「正直な姿」は彼ならではの魅力であり、
想いもそのまま歌声に染み込まれていますね。
真摯な姿、想像できます。あと、「カナシー」「ハズカシー」「マダデス」も。
あ~、これは実際に聞きたかったです(*´m`*)
言語が何であれ、「シン・ヘソン風」はやすらぎ的存在です。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

2010/03/02 17:05さん、こんばんは。

この日本語アルバム・・・聴けば聴くほど言語を超越していく感じがありますよね!?^^私もあれほどまでに耳慣れなかった日本語が、最近ではしっかりと慣れきってしまってとても心地よく感じています。やっぱりへそんさんの歌声には言語は関係ないんだなぁ・・・などと改めて感じています。

大阪ではそうだったんですね。涙という一言にビックリしたんですが、ホントに申し訳ない一心だったのかもしれないですね。

私も、2010/03/02 17:05さん同様、へそんさんがあの場所で歌い続けられるよう、心底願っています。

Re: タイトルなし

2010/03/02 17:28(r)さん、こんばんは。

イベントにも参加されたんですねー!私はお友達からお誘いを頂いたのですが、あの雨に負けお留守番組でした・・・^^;

ホント、コンサートでは3人の息がピッタリで、TAIZOさん・・・ホントにへそんさんのお友達化していますね(笑)。「お友達役」と書いた自分に反省です^^;

ご両親がイベントまでいらっしゃっただなんて、ビックリです!日本でもこれだけ熱い声援を受けていること・・・しっかりと確認していただけてよかったですね。また次回のコンサートにもぜひいらっしゃっていただきたいです^^

あーすでにへそんさんに会いたいです^^

Re: タイトルなし

mi-coさん、こんばんは。

今回はお留守番組でいらっしゃったんですねー。

毎回長いだけのレポですが、喜んでいただけて良かったです。
正直あやふやな部分も満載でしたが、何となく流が分かっていただければ・・・^^;

ホントに次回のコンサートが楽しみですね!
そろそろ一緒に歌えるくらい日本語楽曲も馴染んできたので、1日も早く開催していただきたいです(笑)。

Re: ヘソンウィーク終了しましたね

reeさん、こんばんは。

お久しぶりです。またコメントいただけてとっても嬉しいです。

ホントに待ちに待ったへそんさんウィーク・・・終了してしまいましたね^^;なんだか一気にどかーっとあったので、今ではとっても寂しい気分です。

私もreeさんと全く同じで試聴ではあまりピンと来なかった曲が、これほどまでにはまれるのか・・・ってくらい、今では馴染んでいます(笑)。

私もあの北海道のラジオを聴かせていただいたとき、初めてフルで聴いて、一気に気が抜けた気がしました。あまりも良かったので(笑)。ホントに大変だったであろうレコーディング。もうこれはへそんさんの努力の証以外の何者でもないですよね。

これからもっともっと聴き込んで、コンサートを楽しみに待ちたいと思います。

Re: こんばんは!

Kayさん、こんばんは。

東京2回参加されたんですねー!
実は私も、始まる前まではご両親だってこと・・・気付かなかったんです。Kayさんと同じく「ご年配の方が・・・」くらいの感覚で。でもオモニムの横顔を拝見した瞬間、一気にテンションがおかしくなってしまいました(笑)。

私も今、Kayさんと全く同じことを感じています。このショーケースの前に聴いたときの印象と、後で聴いたのでは全く異なりますよね。私もこれほどまで違って聴こえることにビックリです。

Vinkさん・・・。
何気に今後も必ず一緒に出て欲しいと強く願ったりしています(笑)。

Re: お久しぶりです~^^

2010/03/03 00:02(t)ちゃん、こんばんは。

お久しぶり~!また遊びに来てくれてとっても嬉しいです^^

25日の方に参加したんだねー。Vinkさんにやっぱり反応しちゃいましたか!?(笑)ただでさえピアノを弾けるナムジャはカッコよく見えるのに、なんだか今回はそれを余計に感じてしまい・・・。途中、へ様よりV様を凝視する自分に慌てたりしました(笑)。

韓国人のファンの子達もいたんだねー。おんにも、今回シナデビューのときからずっと好きだというチャンジョちゃんと一緒だったんだけど・・。やっぱり彼女の想いもホントまっすぐすぎるくらいで、つくづくへそんさんは幸せ者だーと感じました^^

「ヘソンさんの音楽が・・・」の一言にドキッとしました。何か単純なことだけど、こうして文字にするとホント新鮮というか再確認するというか。ホント、それだけだよね。最近、そんなことばかり考えています^^

Re: レポ、ありがとうございます!

HNさん、こんばんは。

三都市制覇した気分ですか!?
最高のお言葉ありがとうございます(笑)。無駄にダラダラ書いた甲斐がありました。

実は私、まだベストアルバムは聴いていないんですよー。
でも、HNさんのコメントを拝見して、一気に楽しみが増えました!
ホント、今までとは違った聴き方が出来るかもしれないですね。

楽しみに聴きたいと思います。

Re: タイトルなし

2010/03/03 08:41(y)さん、こんばんは。

お久しぶりです。またお話できてとっても嬉しいです。

レポ、そんな風に言っていただけてとても恐縮です。文章をまとめる能力がゼロなもので、ひたすらダラダラ行くしかないのですが・・・^^;

東京2公演とも参加されたんですね!?私はファイナルだけだった割には、なんだか夢心地で終わってしまい、ホントにあっと言う間の時間でした。ホントに、2010/03/03 08:41(y)さんのおっしゃるとおり、歌っている姿をまた見れただけでも幸せですよねー。きっとこの方は、台湾デビューでもアメリカデビューでも、世界何処で歌おうときっと心に染みる音楽を創り出せる人なんだな・・・と今回改めて感じました。

ブログの更新ペースも相変わらず定まりませんが、また遊びに来ていただけたら嬉しいです^^

Re: タイトルなし

2010/03/03 20:19(t)さん、こんばんは。

はじめまして。書き込みありがとうございます。以前から遊びに来ていただいていたんですね^^

こんな貴重なお話ありがとうございました!私は斜めから拝見しているだけだったのですが、こうして日本のファンの方と実際お話が出来たと聞いてとても嬉しくなりました。やっぱり生の声ってご両親も気になるでしょうし・・・。教えていただいて、本当にありがとうございます。

こんな自己満足だけのブログですが、良かったらまたお気軽にコメント残していただけたら嬉しいです。今後ともよろしくお願い致します。

Re: またまた・・・

2010/03/03 20:44(s)さん、こんばんは。

わ~、また2010/03/03 20:44(s)さんとお話できて嬉しいです。泣かせましたか!?(笑)恐縮でございます。

私も今回のショーケースに参加してこの歌声さえあれば・・・とさらに強く思いました。ホント、この歌声に敵うものは何一つないんですよね。私も、とにかくへそんさんがやりたい音楽をできれば・・・とそれだけを願っています。

待ちに待った日本デビューだったために、色々と皆さんお感じになるところはありますよね。私も最初日本語楽曲が馴染まなくてブログ封印状態でしたし(笑)。でも、やっぱりこうして生のへそんさんを見ると、すべてが一気にバラ色に変化です(笑)。

また色々とお話させてくださいね・・・(ってその前に私が更新しろーって話ですね!?^^;)

Re: タイトルなし

パダさん、こんばんは。

やっぱりあれはレポとは言い難いものでしたよねー(笑)。
自分で上げといて、何これ!?って思ってました(笑)。

やっぱりVinkさん、注目でしたか・・・。そういえば、TAIZOさんに4公演の中で一番盛り上がっている・・・なんてツッコミ入れられてましたねー^^

ホントに大阪の「ございます教えてあげる事件」はカワイすぎですすねー(勝手に命名)。
生で聴きたかったです。

自分でアホだーと思いながら、へそんさんの完璧な韓国語の発音に惚れ惚れするときが(笑)。ネイティブだから当たり前なんですけど、自分が出来ないことを出来ると、それだけで尊敬の念を抱いちゃいますよね^^;

レポ喜んでいただけてよかったです。いつもありがとうございます。

Re: ありがとうございます。

2010/03/04 14:43(m)さん、こんばんは。

続編喜んでいただけてとっても嬉しいです。当初続編などは全く考えていなかったのですが・・・。皆さんから頂いた熱いコメントを拝見していたら、もっと書きたくなってしまいついついだらだらやってしまいました^^;

へそんさんのご両親・・・きっとすごく喜ばれていたと思います。2階席もぎっしり埋まっていましたし・・・。何よりもへそんさんが嬉しそうに異国でも歌う姿に感激したのではないでしょうか。

本当にどんどんこのアルバムにはまっていきますよね。私も毎日何度も繰り返し聴いています^^

Re: わたしも同じ気持ちだったよ

2010/03/04 21:38(e)ちゃん、こんばんは。

久しぶりのコメントとっても嬉しいです。至って元気です(笑)。

私も夏以来でホントに嬉しかった。なんかあの空間はやっぱり特別だよね・・・。一気に夢の国に突入みたいな・・・!
次回のコンサート・・・。お留守番にならないように早めにやってくださることを祈るばかりです^^

まだ寒い日もあるから、2010/03/04 21:38(e)ちゃんも体調気をつけてね。

Re: お久しぶりデス^^

Terryさん、こんばんは。

お久しぶりです!!お元気かなぁ・・・なんて思っていたんですよー。コメント残していただけてとっても嬉しいです^^

私も今回は通訳の方がいらっしゃったのでレポはなし・・・と思っていたのですが、やっぱり書き始めてしまいました(汗)なんだか、身体に染み付いてます。この一連の動作が・・・。

相変わらずダラダラで、Terryさんの携帯ですべて読めなかったんですね。(私の携帯は、「エラー」扱いになります^^;)
以下、なんだかわざわざペーストするのがこっ恥ずかしいですが、貼りますね~。あっ、私も「コトバにできない」大好きです^^

======
좀 아쉽기만 하지만 그래도 여러분들과 저의 소중한 그런 시간이었고
少し悔やまれはしますが、でも皆さんとボクの大切な時間であり

저도 최선을 다한 시간이었고
ボクも最善を尽くしたそんな時間だったので

그래서 뭐 후회같은 거는 남지 않은 거 같아요.
後悔はありません。

너무 즐거웠던 시간이었다고 말씀드리고 싶구요.
とても楽しい時間だったと思います。

오늘 이제부터 진짜 시작인 거 같아요.
そして、今日からが、本当のスタートです。

이런 정말 좋은 음악을 들려드릴 수 있도록
本当に素晴らしい歌をお届けできるよう

정말 최선을 다해서 목이 터져라 부르는
とにかく最善を尽くし、喉が張り裂けても歌う

그런 신혜성이 되겠습니다.
そんなシン・ヘソンでいたいと思います。

진심으로 진심으로 감사하겠습니다.
本当に本当にありがとうございました。


主人公が最後こう〆ると、ここでTAIZOさんからサプライズが。


大阪, 名古屋, 東京 공연 수고하셨습니다.
大阪、名古屋、東京の公演、お疲れ様でした。

혜성 일본 데뷰를 함께 할 수 있어서 기쁘고 행복합니다.
ヘソンの日本デビューにご一緒できて嬉しく幸せに思います。

앞으로도 팬와 함께 응원하겠습니다.
これからもファンと一緒に応援したいと思います。

사랑해요.
愛しています。


なんとハングルでの手紙だった。きっと生まれて初めての韓国語だったに違いない(笑)。へそんさんの「つ」「ず」なんて比べ物にならないくらいの発音だったのかもしれないが(笑)、ホントに嬉しそうだった。こうして自分の言葉で想いを伝えてもらう。きっと格別な瞬間だったと思う。

ここでTAIZOさんと通訳さんは退席。舞台に一人残された今日の主人公。


정말 정말 감사한다는 말과 열심히 하겠다는 말밖에
とにかく「ありがとう」という言葉と「一生懸命やる」という言葉でしか

표현할 게 없는 것 같아요.
表現できないと思います。

그리고 저의 새로운 시작, 함께 축하해주시고 응원해주세요.
そしてボクの新しいスタート、共に祝福して、応援してください。

아셨죠?
いいですよね。

그러면 아쉽지만 마지막 곡 들려드리면서
それでは、残念ですが最後の曲、お届けしたいと思います。

오늘은 한 곡 더 준비했습니다.
今日はもう一曲準備しました。

자 시작해볼까요?
じゃ、いってみましょうか。

지금까지 신혜성이었습니다.
これまで、シン・ヘソンでした。

여러분 감사합니다.
皆さん、ありがとうございました。


♪友達
万年センターをキープだった主人公は、左右に歩きながらとっても楽しそう(笑)。生で聴く彼の歌は本当に最高と心底感じた瞬間だった。あー、2番まで聴きたかったよ・・・。

♪Night Date
「One, Two, Three, Four」と会場と口を合わせ、これでもか!ってくらいの盛り上がり。なぜか「I Pray 4 U」を彷彿させる。ふと6人だったら、舞台の端から端まで走り回るんだろうな・・・そんな想いが一瞬よぎる。なぜかいつも最後の曲では涙してしまう私自身、今日というこの日だけは、そんな湿った想いはまるでない。やっぱりこれからが本当の始まりだと知っているからか・・・。


みなさん、ホントにありがとうございました。

ありがとうございました。

アンニョン


笑顔で主人公は舞台を後にした。日本でのショーケース。コンサート並みの日程で、肉体的にも精神的にも私たちが想像する以上に大変だったと思う。大阪公演を終えた後・・・。


눈물만 나더라구요.
涙しか出てきませんでした。


こう舞台の上で明かす姿に、拍手を送りたい気持ちになった。プロだから・・・と言ってしまえばそれまでだが、少なくともいつもファンの前で「カッコイイ姿」よりも「正直な姿」で向き合ってくれるこの姿勢に、ついつい惹かれてしまう。

日本語楽曲を始めてお披露目した今回のショーケース。正直、私の中では彼の歌う歌が、何語なんだか分からなくなっていた。「J-POP風」という言葉を本人が使うほど、私の中ではボーダーラインがなくなっている気がする。どの歌も聴けば聴くほど「シン・ヘソン風」(笑)。

万年センターキープでも、日本語封印疑惑があっても、やっぱりこの歌声に勝るものはない・・・(笑)。そう感じずにはいられない。

これからの日本の活動はもちろん、どこの国であっても、「シン・ヘソン風」楽曲に耳を傾けることさえできれば、幸せに包まれる日々が続くと信じている。
======

Re: まだ夢の中・・

junjunさん、こんばんは。

お久しぶりです^^レポ喜んでいただけてとっても嬉しいです。

名古屋に参加されたんですねー。しかもそんな至近距離だなんて・・・!羨ましいです。私はホントに家のコタツでミカン食べながら見ている感じだったので、文字だけでどきどきしちゃいました^^

ホントに久しぶりに聴いたへそんさんの歌は癒されましたよねー。あー、この日のために私も頑張った(って何を!?)って思いました(笑)。

名古屋のお話聞いてはいたんですが、junjunさんのお友達でいらっしゃったんですね。しかも合格のお祝いに素晴らしいプレゼントになりましたね。私からもぜひおめでとうをお伝え下さい(笑)。

またお話できたら嬉しいです^^

Re: 夢を見させていただきました。

ホンギさん、こんばんは。

じ~~~っくり3回ですか!?
書いている本人が1回しか読んでいないのに(それも途中で飽きてきました^^;)、ホント恐縮です(笑)。

私もへそんさんは一人の歌い手としてはもちろんですが、でも人としてもすごく惹かれているんだなぁ・・・と日々感じます。ホントにそんな人から生まれる声だからこそ、余計に染みていくんですよね。

「カナシー」「ハズカシー」「マダデス」。
こうして並べると、ホントにへそんさんが話している錯覚に陥ります^^;

久しぶりにお話できて嬉しかったです。コメントありがとうございました。

Re: 怒涛の

2010/03/08 09:04さん、こんばんは。

トークショーも参加されたんですね^^*
確かにこの1週間、へそんさんも忙しかったでしょうが、この週の後の1週間は私たちファンも奔走の1週間だったかもしれないですね^^;

なんだか「たくさんの人を幸せにできる」という2010/03/08 09:04さんからのコメントにジーンとしました。私も、心底そう感じています。例え、コンディションが万全で一つも失敗のないステージを行なったとしても、それが必ずしも人の心に届くとは限らないですものね。そういう意味で、へそんさんは常に裏切りのない最高の空間を作ってくれているのではないかと、私は思っています。

これからの道・・・期待したいです。

コメントお待ちしています!


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://shinhyesung1127.blog40.fc2.com/tb.php/497-7680890d

side menu

CALENDAR

09 * 2017/10 * 11

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PROFILE 자기 소개

まい

Author:まい
韓国語が話せるようになりたくて・・・
行き着いた先は、ヘソン先生(笑)

■皆さまから頂くコメントを励みに不定期更新中♡

한국어를 공부하고 싶어서....
지금 바로 신혜성 씨가 제 한국어 선생님입니다^^한국어로 댓글을 남겨 주시면 아주 감사드리겠습니다^^

Let's learn Korean together from Shin Hyesung!
Feel free to make a comment in English, too!

ここで使用しているシン・ヘソン/神話(SHINHWA)の写真、映像、音声などの著作権は、すべて、LIVEWORKS COMPANY/Good Entertainment Media Groupに帰属します。

RECENT ENTRIES 일기

COMMENTS 코멘트

CATEGORY 카테고리

MONTHLY 아카이브

TRACKBACK 트랙박

ブロとも申請フォーム

SEARCH 검색

RSS 

LINKS 링크

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。