entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2009/10/20 (火) 01:07

ヘソンと学ぼう韓国語~世界にたった一つの楽器~

338128.jpg
【© encyber.com】

이상형을 묻자 그는 말했습니다
理想を聞くと、彼は答えました。

"악기하나 정도는 잘 다룰 줄 알면 좋겠습니다
「楽器一つくらいはできるといいですね。

그건 하루아침에 되는 일이 아니니까
それは、一日にしてできるものではないから。

한가지 일을 꾸준히 긴시간에 두고 했다는 증거니까요”
一つのことを絶え間なく、長い時間かけて行なった証拠ですから。」

시간만이 만들어 줄 수 있는 것이 있습니다
時間だけが作り出せるものがあります。

두고두고 함께 했던 사람
長い間共にしてきた人

또는 일에서만 느낄 수 있는 깊이와 익숙함과 편안함
またはそれだけが感じることの出来る深み、慣れ親しみ、安らぎ

그리고 따뜻함이 그리운 밤
そして温かさが恋しい夜

또 오랜친구의 느낌으로 함께 하겠습니다
また長年の友人のような感覚で共にいきましょう。

11월 12일 화요일 우리는 강타 신혜서의 자유선언 입니다
11月12日火曜日、ボクたちはカンタ・シンヘソンの自由宣言です。


【出処:02.11.12 カンタ・シンヘソンの自由宣言】*音源はこちらから


こんな言葉を思い出した。

내 목소리는 악기니까요...
ボクの声は楽器ですから


こう表現できるのは、一日にして成らず。
まさしく時を重ね、歌い続けた証拠だからだろうか。

今日の仕事帰り、バスの中で「Love Letter」を聴いた。
霧がかっていた日常が、急に透明感を帯びてきた。
どんな状況にあっても、この声に触れている瞬間だけは
光が差し込んでくる。

「この楽器、響かせないでどうする!?」
本気で海の向こうまで叫びたくなった(笑)。

どんなに高価な宝石を持っていても、しまっておくだけだったら
価値が半減しちゃう。世の空気に触れさせないと。

この歌声、誰かの心に届いてこそ、最高の音色を発揮するのではないだろうか。
だからやっぱり歌わないと・・・。
「シン・ヘソン」という名の世界にたった一つの楽器。
entry_header

コメントありがとうございます!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます・・

はじめまして。

すばらしい記事に涙をこぼして感激しています。

そして、「とてもヘソンさんを大切に思い、理解なさっている」って感じます。

本当におっしゃるとおりだと思います。

泣いてばかりでしたが、嬉しい記事にお礼させてください。

ヘソンさんが大好きだという「歌」を、ヘソンさんが幸せな気持ちで歌える日を・・・
ひとりでも多くの人の心に届けることができる日を願うばかりです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

내목소리는 악기...

まいさん 나예요(ぶふツ)

どんな状況にあっても、この声に触れている瞬間だけは光が差し込んでくる。

↑ この名文、まいさんは詩人ですネ!!
こんなにカッコいい表現、逆立ちしても思い付きませんが、私もまさに、光が差し込んでいます!!
その後も毎日ヘソン(シナ)祭りで、今日はシナ7集を聴いてました、
SMを出て、6人で頑張ってがんばって、その頑張りが認められた7集はシナそのものです・・・
使用後、使用前ってありますが(笑)
ヘソンの歌声を耳にした瞬間、いっきに使用前になり、まさにひかりが差し込んで来るんです、
すごい体験です!!





내 리는 악기

「一番細い筆で描いた水彩画」
ヘソンのボーカルは美しい。
彼は男性ボーカリストとしては、とても珍しい美声を持っている。
しかし美しいということ以上に、ずば抜けているヘソンのボーカルの特徴は「細い」という点だ。
一番近い表現は多分これであろう。
彼のボーカルは「一番細い筆で描いた水彩画」のようだ。
小筆では決して広い面積を塗ることができない。
そして絵を描くとき、太い筆よりも何倍も精魂を込めなければならない。
ヘソンのボーカルは小筆と同じである。
彼のボーカルは稀なほど繊細でありながら、細く、優雅である。
その代わり、彼のボーカルは決して「広がる音」、豊かなテクスチャーを出すことができない。
彼のボーカルで描き出す絵には、埋まらない余白が多い。
細密な表現で驚くほど秀でているが、
彼のボーカルは広いキャンバス全体をいっぱいに色付けすることはできない。
これは実はヘソンのボーカルが持つ剣である。
まさにこの部分にヘソンのボーカルの一番の大きな魅力で「魔法」が隠されている。
ヘソンのボーカルが聴く人の心臓を動かす理由、
彼の歌が私たちを果てしない渇望に陥らせる理由は、
彼の歌に本質的な弱さが宿っているためだ。
歌を通して忘れていた日々への記憶を思い出させる実に素晴らしい能力だ。
ヘソンが傑出したボーカリストであることはまさにこのような理由のためである。
ヘソンの歌に感じる「心臓を突くような渇望」は初恋と失恋、別れと苦痛の記憶への恋しさだ。
過ぎ去った日を細密に描き出すとき、二度と戻ってくることのない過去への痛烈な恋しさに襲われる。

こんな時だから、だからこそ、「ヘソン賞賛!」 です(長いですがはしょれません~~~)

iruuさんのコメント…
まさに、先日ヘソンさんが書いた日本語の手紙ですね。
ヘソンさんも、この記事をしっかり目を通していたという事ですね。

世界に一つしかない名器です。
大切だからといって、箱の中にしまっていては錆び付かせるだけです。
毎日変わりなく、磨き、響かせてこそ、生きてくるのです。
ヘソンさんにとって歌は何なのか。
自分で紐解いていけば、自ずと答えが出るはず。
今、何をしなければいけないかという事も。
ヘソンさんに心で感じ取って欲しいです。。。

Re: タイトルなし

2009/10/20 01:15さん、こんばんは。

共感していただけて嬉しいです。
これが海の向こうまで伝わっていれば、本当にいいのですが・・・^^

色々と考えたり悩んだりしちゃうこの時期ですが。
一人の人のためにこれほど頭悩ませる存在がいるって事も幸せなことかな?と最近勝手に解釈しています^^

でも、やっぱり早く逢いたいですね。

Re: タイトルなし

2009/10/20 08:11さん、こんばんは。

へそんさんの音色は今でも響いていますか?(笑)

私も聴かなきゃというより、聴きたいと思う瞬間を待っていました。しばらく聴かないだろうと思っていたのに、バスに乗った瞬間、ついついいつもの通りi-touchに手が伸びてしまったんですよね^^;でも、これも自然の成り行きだったと思っています。

本当にこれほどまでに美しい音色を響かせる楽器は、この世に2つとして存在しないですよね。錆付かせないように早く聴かせてもらいたいです^^

Re: ありがとうございます・・

ちえこさん、こんばんは。

はじめまして。ご訪問ありがとうございます。そして温かいコメント、ありがとうございます^^

独り言だったんですが、共感していただけてとても嬉しいです。
こうして同じ気持ちでみな待っているということを知るだけでとても勇気が沸いてきます。

ちえこさんの仰るとおり、へそんさん自身が幸せな気持ちで歌えるその日を、私たちはしっかりと待つだけですよね。

また良かったらお気軽にコメント残していただけたら、とても嬉しいです。
今後ともよろしくお願いいたします^^

Re: タイトルなし

2009/10/20 10:09さん、こんばんは。

本当にこんな世界に一つしかない楽器、錆付かせたら・・・
と思うと、いてもたっても居られなくなりました^^;

きっと誰よりもその楽器を大事にしているのはご本人だと思うのですが・・・。

その大切さ、この時間にもう一度見つめなおして欲しいですよね。
私たちはただ待つだけです。

Re: ありがとう

2009/10/20 14:48さん、こんばんは。

ついつい心の叫びを文字にしてしまいましたが・・・。
同じ気持ちで居てくださり、嬉しいです。

この悲痛な私たちの思い。
海の向こうまで届いているといいですね。

Re: タイトルなし

2009/10/20 16:16さん、こんばんは。

本当に2009/10/20 16:16さんの仰るとおり、へそんさんの声は「名器」ですよね。この世界に一つしかないもの・・・絶対に守り切って欲しいと思います。

私も今回のことを通じて、彼への自分自身の想いもそうですが、世界中のファンの方たちの想いの大きさに改めて気づかされました。きっとへそんさんもそれを感じ取ってくださっていたらと思います。

こんなブログですが、楽しみにしていただけて嬉しいです。
今後ともよろしくお願いいたします^^

Re: 待ち続けます。

2009/10/20 18:56さん、こんばんは。

合宿時代にもそんなことがあったんですね。1集のころも、毎晩反省ばかりでなかなか夜寝付けないと言っていたことを思い出しました。残念ながら、私たちが想像しているような毎日を今は送っているのかもしれないですね。

2009/10/20 18:56さんの仰るとおり、きっと彼自身私たちの思いは受け取ってくれていると信じています。早くまた笑って逢える日が来るといいですね。

Re: 내목소리는 악기...

iruuさん、こんばんは。

詩人だなんて、とんでもない・・・。
ただの落書きです(これって落書きって言うんでしょうか^^;)

本当にへそんさんの歌には、そんな力がありますよね。
決して「負」を作り出さないというか・・・。

iruuさんがあげてくださったあの記事・・・。
本当に何度読んでも鳥肌が立ちます。
実際書かれた方はどんな方なんだろう・・・と未だに思っています。

あー、へそんさんに逢いたいです(笑)。

Re: タイトルなし

Terryさん、こんばんは。

へそんさん自身、しっかりと目を通されていたでしょうね。
興味ないふりしながら、しっかり読んでしまうのが彼ではないか・・・などと勝手な想像をしています(笑)。

Terryさんからいただいたコメント。
本当に心の底から同感です。
きっと彼の歌がこれほどまでに素晴らしいのは、まさしく絶え間なく錆付かせずやってきた証拠だと思います。

今回のこの時間が、彼にとってもう一度自分自身見つめなおす時間になったらいいなと思います。走り続けず振り向きながら・・・。きっとこのことはご自身が一番よくわかっていることだと思うので・・・。

まいさんってスゴイなぁ~!

まいさん~ こんにちは^^
まいさんって本当にスゴイですねぇ~!
私はボキャブラリーが乏しく いつも上手く表現できなくって
歯がゆい思いをしてるんですが…v-157v-156
↓の表現は 私の心にジ~~ンと来ましたv-347
「この楽器、響かせないでどうする!?」
「シン・ヘソン」という名の世界にたった一つの楽器。

まさにその通りv-363
この世にたった1つしかないシン・ヘソンという名の楽器v-341v-342
再び輝く日はそう遠くないはずv-162
きっと今頃 丹念に磨かれて その日をまってる事でしょうv-218

Re: まいさんってスゴイなぁ~!

kony^^さん、こんばんは。

ボキャブラリーの乏しさは、私も負けません(笑)。
少ない中で無理やり使おうと試みるんですが、難しいですね・・・。

でも、へそんさんへの海を越えてのツッコミ。
共感してくださって嬉しいです^^

「丹念に磨かれた楽器」
本当に楽しみですね。
再会の日が一歩一歩近づいていると信じて待っています。

コメントお待ちしています!


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://shinhyesung1127.blog40.fc2.com/tb.php/420-0dd6ed6a

side menu

CALENDAR

07 * 2017/08 * 09

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PROFILE 자기 소개

まい

Author:まい
韓国語が話せるようになりたくて・・・
行き着いた先は、ヘソン先生(笑)

■皆さまから頂くコメントを励みに不定期更新中♡

한국어를 공부하고 싶어서....
지금 바로 신혜성 씨가 제 한국어 선생님입니다^^한국어로 댓글을 남겨 주시면 아주 감사드리겠습니다^^

Let's learn Korean together from Shin Hyesung!
Feel free to make a comment in English, too!

ここで使用しているシン・ヘソン/神話(SHINHWA)の写真、映像、音声などの著作権は、すべて、LIVEWORKS COMPANY/Good Entertainment Media Groupに帰属します。

RECENT ENTRIES 일기

COMMENTS 코멘트

CATEGORY 카테고리

MONTHLY 아카이브

TRACKBACK 트랙박

ブロとも申請フォーム

SEARCH 검색

RSS 

LINKS 링크

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。