entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2009/03/04 (水) 22:33

ヘソンと学ぼう韓国語~10asia -- シン・ヘソン創造期~

【credit: www.10asia.co.kr

皆さん、こんばんは。昨日はいきなりの雪、そして今日は雨。3月に入っていきなり寒くなる気配が・・・。風邪など引かれていませんか。

あまりにも変化された姿で登場した10asiaのインタビュー写真!
なんだか妙に素敵すぎて若干近寄りがたいのですが・・・(笑)。

この「超・超・超ロングインタビュー」。
見た瞬間からあまりの量の多さにやめようと思っていたんですが、夜な夜な始めてしまいました^^;ついついへそんさんが一生懸命に答えているかと思うと、知りたくなってしまうんですよね。

まるで「哲学」の授業でもされているかのように、私には聞いたこともない言葉のオンパレードでしたが。訳が間違ってるからなのか、それとも訳は合ってても日本語がわからないのか、とりあえず意味不明です(笑)。一応、載せておきます・・・^^;

では、いってみましょう。
「ヘソンと学ぼう韓国語~10asia -- シン・ヘソン創造期~」。
신혜성│신혜성 창조기
シン・ヘソン│シン・ヘソン創造期

신혜성은 아이돌이다. 이것은 그가 단순히 현존하는 최장수 아이돌 그룹 신화의 메인 보컬이라는 것만을 뜻하지 않는다. 그의 3번째 앨범 Side Ⅱ인 "Keep Leaves"가 발매된 날, 그의 팬페이지에선 한 네티즌이 우리 오빠의 새 앨범을 너무 안 보이는 곳에 진열해놨다며 자신이 사는 전주의 음반 매장을 성토한다. 부산에서 비슷한 경험을 한 다른 이 역시 서운한 마음을 리플로 남기고, 일산 사는 누군가는 아마 매장 문을 열자마자 가서 그랬으리라 다독여준다. 그들에게 신혜성은 ‘우리 오빠’고, 오빠의 앨범은 발매일에 맞춰 매장 문을 열자마자 가서 사야 한다. 이곳에선 신혜성이 신화로 데뷔했던 90년대 말 아이돌과 팬이 소통하는 방식이 11년의 시간을 넘어 그대로 재현된다. 하나의 소통 방식이 유지될 수 있는 것은 소통할 수 있는 대상이 존재하기 때문이다.
シン・ヘソンはアイドルだ。これは彼が単純に現存する最長寿アイドルグループ神話のメインボーカルだけであることを意味しない。彼は3枚目のアルバムSide Ⅱ“Keep Leaves”が発売された日、彼のファンサイトではあるネチズンが、「私たちオッパの新しいアルバムをあまりにも見えない場所に陳列してあった」と自身の住む全州のCDショップを非難した。釜山で似た経験をした他の人もやはり残念な気持ちをコメントに残し、一山(イルサン)に住むある人は、「多分店が開くと同時だったからではないか」となだめた。彼女たちにはシン・ヘソンは「ウリ オッパ(私たちのお兄さん)」であり、オッパのアルバムは発売日に合わせて店が開くと同時に行って買わなければならない。ここではシン・ヘソンが神話としてデビューした90年代末のアイドルとファンが疎通する方式が11年の時間を超え、そのまま再現される。一つの疎通方式が維持されるのは疎通できる対象が存在するためだ。

11년 동안 주목 받을 수 있었던 동력(11年間注目を浴びていられた動力)
20090303090956_2.jpg
현존하는 최장수 아이돌 그룹의 메인 보컬이자, 솔로 가수로서 신혜성은 여전히 아이돌이다.(現存する最長寿アイドルグループのメインボーカルであり、ソロ歌手としてシン・ヘソンは相変わらずアイドルだ。)
음반 시장이 무너진 시대에 신혜성이 아직까지도 기본 10곡은 꼭꼭 채워 넣은 정규 앨범을 고수하는 이유는 간단하다. “자기가 좋아하는 가수가 새 앨범을 내면 그날을 기다렸다가 타이틀곡에 상관없이 사고, 열 곡 넘는 앨범 전체를 다 들어보는 재미”를 아는 세대기 때문이다. 하지만 단지 그것만으로 현재와 같은 불황 속에서 꾸준히 3집까지, 심지어 하나는 더블 앨범으로 기획해 내놓을 수 있는 것은 아니다. 그에게는 자신처럼 앨범 듣는 재미를 아는 세대이자 그것을 함께 공유하며 같이 나이 먹어가는 팬이 있다. 물론 신화 시절의 팬들은 나머지 멤버들에게도 변함없는 애정을 보여준다. 다른 게 있다면 신혜성과 그의 팬들의 경우 애정의 방식마저 변함없다는 점이다. 하지만 이것이 의미를 갖는다면 단순히 아직도 이 방식이 유지돼서가 아니다. 아직도 이 방식이 주목할 만한 성과물을 만들어내기 때문이다.
アルバム市場が崩壊した時代にシン・ヘソンが未だに基本10曲をぎっしり埋めた正規アルバムを固守する理由は簡単だ。「自分が好きな歌手が新しいアルバムをリリースすれば、その日を心待ちにし、タイトル曲と関係なしに買い、10曲を超すアルバム全体をすべて聴いてみる面白さ」を知っている世代であるためだ。しかしただそれだけで現在のような不況の中で、こつこつ3集まで、ましてや一枚はダブルアルバムとして企画してリリースできるものではない。彼には自身のようにアルバムを聴く面白みを知る世代でありながら、それを共にに共有しながら一緒に年齢を重ねていくファンがいる。もちろん神話時代のファンたちは残りのメンバーにも変わりない愛情を見せる。違うことがあるとすれば、シン・ヘソンと彼のファンたちの場合、愛情の方式までもが変わらずにいるという点だ。しかしこれが意味を持つとすれば、単純にまだこの方式が維持されているということではない。まだこの方式が注目に値する成果物を作り出しているからだ。

신혜성의 새 앨범 "Keep Leaves"가 흥미로운 건 기획형 아이돌의 시기를 거쳐 자신의 음악적 취향을 찾은 실력 있는 발라드 보컬리스트가 시도한 음악적 결과물들의 흔적이 고스란히 누적되어 있다는 점이다. 기본적으로 타이틀곡인 ‘왜 전화했어...’는 후반부로 갈수록 고조되는 신혜성의 목소리가 인상적이지만 그보다 주목할 만한 건 그의 목소리가 건반, 어쿠스틱 기타, 현악 반주의 조화를 깨지 않으면서도 명료하게 감정을 전달한다는 점이다. 이것은 전작이자 의 더블 앨범인 에서의 작업 경험이 만든 변화라 할 수 있다. 이 앨범의 수록곡이자 유러피언 메탈을 연상시키는 기타 인트로가 인상적이었던 ‘Awaken’은 의미 있는 시도였지만 헤비한 기타 리프 때문에 보컬이 짓눌리며 멜로디가 시원하게 터져주질 못했다. 이런 난점을 극복하는 과정과 당시 타이틀곡인 ‘그대라서’ 믹싱을 8번이나 하며 악기들의 버라이어티한 느낌과 보컬의 조화를 고민한 경험은 그가 자신의 목소리 뿐 아니라 소리 자체에 집중하는 계기가 됐다. 그래서 는 서정적이되 보컬의 멜로디 라인 위주였던 솔로 1, 2집과 "Live And Let Live"가 정반합을 이룬 만족스러운 결과물이라 할 수 있다. 여기서 잊지 말아야 할 건 1, 2집의 노선을 이탈한 "Live And Let Live"가 가능할 수 있었던 것 역시 “여태 해온 걸 다 알고 있고, 그래서 변화에 대해 어떻게 반응할 지” 신혜성도 궁금해 했던 ‘그’ 팬들이 “이런 시도들이 앞으로 음악을 하는 데 도움이 될 거라 생각하기 때문에 너무 좋다”고 호응해주었기 때문이란 것이다. 팬들의 격려가 힘이 된다는 조금 낯 뜨거운 수사는 적어도 그의 경우에 있어선 진실이다.
シン・ヘソンの新アルバム“Keep Leaves”が興味深いのは企画型アイドルの時期を経て、自身の音楽的趣向を探し出した、実力あるバラードボーカリストが試みた音楽的結果の跡が、そのまま累積しているという点だ。基本的にタイトル曲「ウェチョナヘソ(どうして電話したの)」は後半に行けば行くほど高まるシン・ヘソンの声が印象的ではあるものの、それよりも注目に値するのは、彼の声が鍵盤、アコースティックギター、弦楽伴奏の調和を乱すことなしに、明瞭に感情を伝達するという点だ。これは前作であった“Keep Leaves”のダブルアルバムである“Live And Let Live”での作業経験が生み出した変化だと言える。このアルバムの収録曲で、ヨーロピアンメタルを連想させるギターのイントロが印象的だった「Awaken」は意味ある試みではあったが、ヘビーなギターリフのためにボーカルが押さえつけられ、メロディーが気持ちよく弾けることができなかった。このような難点を克服する過程と当時のタイトル曲であった「クデラソ(君だから)」のミキシングを8回も行いながら、楽器のバラエティーな感じとボーカルの調和に悩んだ経験は、彼が自身の声だけではなく、音そのものに集中するきっかけとなった。そして“Keep Leaves”は、叙情的でありながらも、ボーカルのメロディーラインを主にしていたソロ1、2集と “Live And Let Live”が正反合を成し遂げた満足な結果といえる。ここで忘れてはいけないことは1、2集の路線を離脱した“Live And Let Live”が成し遂げたことはやはり「今までしてきたことを皆が知っていて、それで変化に対してどのように反応するのか」シン・ヘソンも気がかりだった“その”ファンたちが「このような試みがこれからの音楽に役に立つだろうし、とてもよい」と呼応してくれたからだという。ファンたちの激励が力になるという少し恥ずかしくなるような修辞は少なくとも彼の場合においては真実だ。

신혜성의 가장 모호한 페이지에 끼워진 나뭇잎
(シン・ヘソンの最も曖昧なページに挟まれた木の葉)

コピー ~ 20090303090922_6

그래서 신혜성은 아이돌인 동시에 아이돌 팬덤 너머에서도 충분히 대중과 소통할 수 있는 가수다. 그는 여전한 구매력과 오빠의 음악에 대한 믿음을 가진 아이돌 팬덤의 지원 사격 속에서 안정적으로 앨범을 내면서 음악적 변화와 발전을 꾀할 수 있었고 그런 성장은 다음 결과물에 고스란히 누적되며 음악 자체의 질을 높였다. 아이돌 팬덤을 기반으로 활동했지만 그 덕에 만듦새 좋은 발라드로 팬덤 바깥에 있는 대중의 호응을 얻게 된다는 재밌는 역설. 때문에 그의 활동은 아이돌 출신이 전진이나 에릭처럼 예능이나 드라마에 출연하지 않고도 오빠의 위상을 유지하며 자립하는 흥미로운 사례인 동시에 “그룹 활동 시절부터 자기 음악에 대한 욕심”이 있던 아이돌이 한 사람의 가수이자 뮤지션으로 성장하는 모범적 과정이기도 하다. 하지만 그 과정적인 면 때문에 의 주목할 만한 성과에도 불구하고 그 이후 신혜성이 만들어낼 음악적 결과물이 더욱 중요해진다. “이승철이나 신승훈, 이승환 선배처럼 수많은 대중의 신뢰를 받는” 장기적 목표를 가진 그에게 이번 앨범은 “다음 앨범이 잘 되어야 터닝 포인트로 기억할 수 있는” 앨범이기 때문이다. 그래서 지금 그가 서있는 지점은 챕터와 챕터 사이 가장 모호한 페이지에 끼워진 나뭇잎(Keep Leaves)과도 같다. 음악적 발전과 팬의 확장이라는 순풍을 타고 여태 확실히 앞 페이지를 향해 갔던 그 나뭇잎은 과연 다음에는 어떤 페이지에 안착할 수 있을까. 다만 확실한 건 이젠 지금껏 우리 오빠와 함께해 온 팬들만이 그 질문에 대한 긍정적 답을 기대하는 건 아니라는 것이다.
そしてシン・ヘソンはアイドルであると同時にアイドルファンドム(fandom:特定の人物や分野を一生懸命に好きな人々またはそういう文化現象)越しでも十分に大衆と疎通することのできる歌手だ。彼は相変わらずの購買力とオッパの音楽に対する信頼を得ているアイドルファンドムの支援射撃の中で安定的にアルバムを出しながら音楽的変化と発展を試みることを可能にし、そのような成長は次の結果にそのまま累積しながら、音楽そのものの質を高めた。アイドルファンドムを基盤に活動したが、そのお陰で出来の良いバラードでファンドムの外側にある大衆の声援を得るようになるというおもしろい逆説。そのせいで彼の活動はアイドル出身のチョンジンやエリックのようにバラエティーやドラマに出演しなくてオッパの地位を維持しながら自立する興味深い事例と同時に「グループ活動時期から自分の音楽に対する欲」があったアイドルがひとりの歌手であると当時にミュージシャンに成長する模範的過程でもある。だがその過程的な一面のためにの注目に値する成果にも関わらず、以後シン・ヘソンが作り出す音楽的結果がより一層重要になる。「イ・スンチョルやシン・スンフン、イ・スンファン先輩のように数多くの大衆の信頼を得る」長期的目標を持った彼には今回のアルバムは「次のアルバムがうまくいってこそターニングポイントとして記憶できる」アルバムであるためだ。なので、今彼が立っている地点はチャプターとチャプターの間の最も曖昧なページに挟まれた木の葉(Keep Leaves)とも同じだ。音楽的発展とファンの拡張という順風に乗って、今まで確かに次のページに向かっていたその木の葉は果たして次にはどんなページに定着できるだろうか。ただし確実なことは今まで、ウリ オッパ(私たちのお兄さん)と共にしてきたファンたちのみがその質問に対する肯定的な答えをを期待しているわけではないということだ。

2009.03.03
글. 위근우 (eight@10asia.co.kr)
편집. 이지혜 (seven@10asia.co.kr)
【credit: www.10asia.com
************************

今回の記事を通して、へそんさんは確実にアイドルからアーティストの過程へと移行している時期なんだなぁ・・・と思いました。特にこのSIDE2で上がってくるインタビューは、彼の音楽性に関する質問が多くて、今までまるで覗けなかった一面が表れていたりしますよね。

当たり前なんですけど、普段テレビから見るあの笑顔の一面からだけは計り知れない、数多くの苦労や悩みなど、それぞれの過程を一つ一つこなしてきたからこそ、今があるんだろうなとつくづく感じます。(ついついペミリーとか見てるとそういうこと、忘れちゃうんですよね^^;)

この10曲に対するこだわり・・・。
この記事の活字の裏側に、へそんさんの神聖な汗を感じますね^^

大事に聴きたいです。
entry_header

コメントありがとうございます!

オモモ・・・

オンニー!
なんて難解なんでショ。
よく訳されましたね・・・v-218
愛ですね!愛の力はすばらしい。

ところで私、「KEEP LEAVES」の意味を始めて掴みました(^^;
leave=去る

去り続ける状態??

だと思ってました・・・。
愛が足りません(反省)

Re: オモモ・・・

みんみんちゃん、こんばんは。

スーパー意味不明でしたが、なんとかやってみました。
でも問題は日本語読んでもわからない・・・^^;

愛の力?
あるなら、もう少し、韓国語上達してていいはずなんだけど・・・。

「走り続ける状態」に大爆笑・・・!
あ~、みんみんちゃんに座布団5枚!

コメントお待ちしています!


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://shinhyesung1127.blog40.fc2.com/tb.php/353-c5f8ebd6

side menu

CALENDAR

09 * 2017/10 * 11

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PROFILE 자기 소개

まい

Author:まい
韓国語が話せるようになりたくて・・・
行き着いた先は、ヘソン先生(笑)

■皆さまから頂くコメントを励みに不定期更新中♡

한국어를 공부하고 싶어서....
지금 바로 신혜성 씨가 제 한국어 선생님입니다^^한국어로 댓글을 남겨 주시면 아주 감사드리겠습니다^^

Let's learn Korean together from Shin Hyesung!
Feel free to make a comment in English, too!

ここで使用しているシン・ヘソン/神話(SHINHWA)の写真、映像、音声などの著作権は、すべて、LIVEWORKS COMPANY/Good Entertainment Media Groupに帰属します。

RECENT ENTRIES 일기

COMMENTS 코멘트

CATEGORY 카테고리

MONTHLY 아카이브

TRACKBACK 트랙박

ブロとも申請フォーム

SEARCH 검색

RSS 

LINKS 링크

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。