entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2008/11/10 (月) 20:26

ヘソンと学ぼう韓国語~謝謝(シェイシェイ)、イ・スマン氏!(笑)

081109
【credit: http://ent.qq.com/a/20081109/000017_8.htm】

皆さん、こんばんは。無事に上海公演も終えられたようですね。ちょっと見ない間に、髪の毛が伸びていて、私の好きな感じになってきちゃったんですけど・・・(笑)。

fancam動画を見せていただいたんですが・・・。一瞬、韓国での公演かと思いました!唯一の違いといえば、「더워요? 추워요?(トウォヨ?チュウォヨ?/アツイデスカ?サムイデスカ?)」「Hot or Cold?」なんて、メントが外国人に韓国語を教える先生みたいになってたこと(笑)。その調子で日本でも先生ぶりを発揮していただきたいです^^

どこの国にいても幸せそうに歌う姿を見ると、本当に「シン・ヘソン」という歌手がこの世に誕生してくれてよかったなぁ・・・とつくづく感じます。ってなわけで、今日のタイトルはへそんさんを発掘してくださったSMエンターテイメントの理事、이수만(イ・スマン)さんに向けた感謝の気持ちです。(しかも中国コンサにあやかり、知っている唯一の中国語を披露^^)

さぁ、やっと次のラジオに進むことができます。今日は2008年9月19日放送の「MBC강인,태연의 친한친구(カンイン テヨンエ チナンチング)」からです。(相変わらず遅すぎですが^^;)Super Juniorの강인(カンイン)君、少女時代の태연(テヨン)ちゃんのがDJを務めるこの番組。神話(SHINHWA)がデビューした時は、それぞれ中学生と小学生であったというこの2人。大先輩を前にして、持ち上げまくります(笑)。そしてこれに負けじと乗っかるへそんさん(笑)。ひょん&おっぱぶり炸裂です^^

では、いってみましょう。
「ヘソンと学ぼう韓国語~謝謝(シェイシェイ)、イ・スマン氏!(笑)~」。
「スターのデビュー前を探る」というコーナーのこの部分から、お話を取り上げてみたいと思います。カンイン君とテヨンちゃんのナレーションの後、へそんさんがそれについて解説をしていくというこのコーナー。では、見てみましょう^^

***

シン・ヘソンは1979年11月27日、
鄭家の長男としてチョン・ピルギョ(鄭弼)が生まれた。
江原道江陵のとても有名なレストランの息子、ピルギョは中3の時初恋を体験する。

同じ学校の後輩に心を奪われ1年間恋煩いに悩まされる。
ピルギョのこんな姿をかわいそうに思った友達たちは、
その後輩をカラオケに呼び出してくれ、幼いピルギョは勇気を出して告白をする。
1年間恋をわずらい、告白をしたが、彼女も自分を好きだっただなんて・・・。
こんなドラマチックなことがあるだなんて。
喜びながら付き合うことになったピルギョの嬉しさはつかの間だった。

その冬、両親と弟チンギョと共にアメリカ旅行に行くこととなったが、
旅行中残念なニュースを知らされる。
彼女が他の男と付き合い始めたというニュースにショックを受けた幼いピルギョは
韓国に戻る自信がなかった、いや、戻りたくなかった。
それで、両親に、留学したいと言った。
ピルギョの留学は、片思いに失敗したからであった。

こうして中3時代に、アメリカ留学が始まり、その間、
ピルギョに思いもよらない機会が舞い込んできた。
それはまさに、L.A.現地で開かれた「SMエンターテイメント」のオーディション。
オーディションでピルギョはイ・スマンの目にとまった。
しかし問題があった。
当時、ピルギョは「ダンス音痴」だったのだ。

オーディション現地で頭を悩ませたイ・スマン氏は
ピルギョにこんな質問を投げかけた。
「君、歌はすごくうまいけれど、踊りはどうするつもりだ?」

***

まだこの後、ナレーションは続くのですが、今日はこのオーディション話について、へそんさんの解説を聞いてみたいと思います。(あっ、その前にもへそんさんの解説は永遠と続いているのですが、特に目新しいお話はなかったので、大幅割愛させていただいています・・・(笑)。唯一、ご両親が少しの間されていたという江原道江陵の「トンカツ屋」さん。ここはかなり儲かっていたというお話だけ書き留めておきます^^)

いつの間にか、カンイン君と共にイ・スマンさんのものまね大会を繰り広げるへそんさん(笑)。この「너 노래는 참 잘하는데..춤은 어떻게 할래?(君、歌はすごくうまいけれど、踊りはどうするつもりだ?」 の答えにへそんさんは・・・!?

그렇게 하셨는데 정말 그 때 춤을 못 췄었어요.
そう言われたんですが、その時本当に踊れなかったんです。

심지어 오디션 볼 때도 춤을 춰야되잖아요?
オーディションを受ける時も、踊らないといけないじゃないですか。

가수가 되는데...
歌手になるのに。

근데 그 때 오디션은 얘기 좀 긴데...
で、その時のオーディションの話をすると長いんですが。

아무튼 제가 오디션을 가수가 되기 위해서 봤다기 보다는
とにかく僕がオーディションを歌手になろうとして受けたというよりは

친구들 같이 이렇게 어울려서 본 것거든요.
友達たちとつるんで、受けたんですよ。

그래서 그냥 그거에 큰 의미를 안 두어서 춤을 시키실래
だから、そこにそんな大きな意味も置いてなかったし、踊れっていうから

좀 못한다고 창피해서 못한다고
踊れないと。恥ずかしくて踊れない。

오디션장에서 안하겠다고 했는데
オーディション会場でやらないと言い張ったんですが

계속 시키시더라구요. 아무개나 해봐라...
ずっとやらせようとするんですよ。何でもいいからやってみろと。

그래서 H.O.T.의 캔디를 틀어주시면서
それで、H.O.Tのキャンディーを流して

그냥 너, 그냥 음악 듣고 네가 Feel나는대로 움직여라..몸을...
「ただ、君、音楽を聞いて、君が感じる通りに身体を動かしてみろ。」

그래서 정말 말도 안 되게 그냥 이렇게 했어요.
それで本当にあり得ない感じで、ただこうしたんですよ。

막춤을 췄어요.
適当に踊ったんです。

그리고 나서 이제 나중에 부르시면서 이제 춤을 어떻게 할 거냐,
それで後から呼ばれて、「これからダンスはどうするつもりだ?」

그러시길래 다시 이제 그때부터 가수가 되기를 결심을 하고 말씀드렸죠.
そういうので、その時から歌手になることを決心して話しました。

저는...지금 제가 비록 춤을 하나도 못 추지만
僕は・・・今僕が何一つ踊れないけれども

한국 돌아가서 연습을 하게 주시면
韓国に戻って練習をさせてくれれば

정말 죽을 연습을 해서 꼭 춤을 잘 출 수 있게 하겠다고,
本当に死ぬ気で練習して必ずうまく踊れるようになると。

그렇게 말씀 드리니까 좋다, 한국으로 가자 그렇게 넘어갔죠.
そう言ったら、「よし、韓国に行こう!」そうして切り抜けました。


友達たちと気軽に受けたオーディションだったとしても、オーディション会場で「창피해서 못한다(チャンピヘソ モッタンダ/恥ずかしいから踊れない)」なんて言い張るとは・・・(笑)。コンサート会場でメンバーに踊れといじられるこの図式は、もうこの時点で成立していたんですね^^;それにしても、こんな恥ずかしがり屋のへそんさんをスーパーアイドルに育て上げようとしたイ・スマンさん。先見の明があったようです。(そりゃ、そうですよね^^SMのトップの方ですから・・・)

思わずH.O.TのCandyってどんな曲だっけ!?って検索の旅に出てしまいました(気になる方は、こちらをどうぞ^^)「막춤을 췄다(マクチュムル チョッタ/適当に踊った)」とへそんさんはおっしゃっていますが・・・。「막춤(マクチュム)とはなんぞや!?」とこれまた調べてみると・・・。「춤에 대해 제대로 배우지 못하거나 소질이 없는 사람이 리듬이나 형식 등을 무시하고 몸 가는대로 추는 춤(ダンスを習ったことがなかったり、素質がない人がリズムは形式などを無視して身体が動くままに踊るダンス)」とあります。要するに、踊れない人が踊る踊りってことですね^^;「그때 필교는 몸치였다(当時、ピルギョは「ダンス音痴」だったのだ。)というテヨンちゃんのナレーションに「지금도(チグムド/今も)」と一言付け加えるへそんさん・・・。私の目には、十分踊れているんですが・・・(笑)。

では、ちょっくらお勉強パートに参りたいと思います。
今日の一言は、この短いへそんさんの会話の中で2度も出てくるこの表現です。
Todays Word

キルレ
-길래
~していて、~て(理由)


厄介なことに、何年も前に習った文法だったのですが、未だに使いこなせていません。ついつい理由というと「-아서/어서」で足りてしまう気がするんですよね。へそんさんが使ってる「그러시길래(クロシギルレ)」っていう表現も、「그래서(クレソ)」でいいでのはないかと・・・(笑)。でも、学院の先生曰く、この「-길래」という表現は、理由を表す表現の中で韓国人がもっともよく使う表現だとか・・・。具体的な文法説明は、学院の先生のまとめをそのまま残してあるので、「まいと学ぼう・・・」の方をご参照ください^^;


さぁ、次回、へそんさんの実の弟、チンギョ君が兄の足を引っ張ります^^;
今までへそんさんからは聞いたこともない「야한 비디오(ヤハンビデオ/〇ッ〇なビデオ)」なんて言葉が飛び出したり・・・(笑)。大盛り上がり(大喜び!?)な姿から目が離せません(笑)。

では、オーディション会場で駄々をこねるピルギョ少年・・・。いってみましょう~^^

entry_header

コメントありがとうございます!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2008/11/10 22:23さん、こんばんは。

本当に世の中に「しん・へそん」という歌手が誕生しなければ、私たちの生活は確実に違うものになっていましたよね^^

やっぱり、2008/11/10 22:23さんのダンス、そう思いますか!?(笑)私もファンの欲目だってわかってながら、でもあれがまたへそんさんらしくて良かったりするんですよね^^

でも、本当にソウルコンでのあの切れは違いましたよね。もう日本コンの大目玉はへそんさんの「ダンス」だと勝手に思っています!あ~、本当に待ち切れませんね^^

2008/11/12 00:18さん、こんばんは。

本当にイ・スマンさんと出会わなければ、きっとへそんさんを発掘できた人は他にはいなかったのでは・・・!?なんて思っています。でも、やっぱり歌では本当にピカイチだったんでしょうね!?

デビュー10年にしても、恥ずかしがり屋のところは変わってないんだなぁ・・・なんて、ちょっと嬉しくなりました^^

次回・・・なんて書いておきながら、実は別のものを書きあげちゃったりしてます(笑)。相変わらず気まぐれで申し訳ありません^^;

コメントお待ちしています!


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

この記事のトラックバックURL

http://shinhyesung1127.blog40.fc2.com/tb.php/306-25690e97

side menu

CALENDAR

07 * 2017/08 * 09

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PROFILE 자기 소개

まい

Author:まい
韓国語が話せるようになりたくて・・・
行き着いた先は、ヘソン先生(笑)

■皆さまから頂くコメントを励みに不定期更新中♡

한국어를 공부하고 싶어서....
지금 바로 신혜성 씨가 제 한국어 선생님입니다^^한국어로 댓글을 남겨 주시면 아주 감사드리겠습니다^^

Let's learn Korean together from Shin Hyesung!
Feel free to make a comment in English, too!

ここで使用しているシン・ヘソン/神話(SHINHWA)の写真、映像、音声などの著作権は、すべて、LIVEWORKS COMPANY/Good Entertainment Media Groupに帰属します。

RECENT ENTRIES 일기

COMMENTS 코멘트

CATEGORY 카테고리

MONTHLY 아카이브

TRACKBACK 트랙박

ブロとも申請フォーム

SEARCH 검색

RSS 

LINKS 링크

MATERIAL

【記事テーブル素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。